ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

資料請求

高等学校

中学校

LINE

青雲・凌雲(校長ブログ)

総選挙

2017年10月24日

今回の総選挙は、本当に予想のつかない展開ばかりで驚かされました。
選挙が終わったものの、マスメディアは今後の行方をあれこれ予想して、まだ喧噪
はしばらく続くようです。
選挙日当日、新聞をいくつか読んで見て、読売新聞の社会面に載った「1票に込めた
高3の思い」(10月22日朝刊36面)という記事に目を引かれました。
この記事で取り上げられたのは、瀬戸内海に面した四国中央市にある愛媛県立三島
高校。市の選挙管理委員会が主権者教育の一環として18日、学校内の会議室に期日
前投票所を設置したそうです。同校の3年生238人のうち、138人が有権者。
この投票所に来た3年生のいくつかの声を、記事は取り上げていました。

「いまの政治って、ほかの政党の罵倒ばかり。政党に魅力を感じない。投票しように
 も選べない」
「自分が1票を投じても社会が動くとは感じられない。でも若者が投票しないと何も
 変わらない」
「自分は大学に行きたいけど、経済的な事情で行けません。本人が希望すれば、進学
 できるような政策をきちんと実現してほしいです」

ちなみに上のコメントをした3人の高校生は、全員、それでも期日前投票をすませた
そうです。
この記事を読んで、日本の高校生も、単なる「無関心」ではなく、いろいろな思いを
今の政治に対してもっているのではないかと感じました。
さて、大阪青凌高校の3年生はどんな思いで投票したのでしょうか、またはしなかった
のでしょうか?
福力

Copyright © 2021 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.