ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

青雲・凌雲

英語4技能をめぐる迷走②

2018年03月6日

 

 

 

前回、国大協が英語の外部試験の配点を1割以下に抑えようとしたガイドラインを出した
朝日新聞の記事を紹介しました。
国大協はなぜこれほど外部試験に拒否反応を示しているのか。
新聞記事では、その理由などは記されていませんでしたので、想像するほかはないのです
が、例えば、国立大学におられる英語教育の専門家が一連の英語政策の転換をどのように
評価されているかを見ると、自ずとその理由が明らかになります。

例えばそのうちの1冊が、上記(写真)の本です。著者の東京大学文学部の阿部准教授は、
まずこの政策がいかに根拠のないままに進められてきたかを指摘し、特に外部試験が導入
された場合、莫大な利益を得る民間業者が、その導入の検討会議のメンバーであったことに
も強い異議をとなえておられます。議事録にさかのぼって調べてみると、そのような意見は
出たものの、その意見が決定に反映されることはなかったようです。
そうしてこうした英語政策が、いったいどのような実害を及ぼすかについて、以下の3点を指
摘しておられます。

 

1 受験生は無駄な出費を強いられ、格差も生まれます。
2 試験は不適切です。
3 「英語能力」は落ちます。
                    (『史上最悪の英語政策』46ページ)

 

巷に流布している4技能礼賛とは全く違う阿部氏の見解。その中身について、次回、もう少
し詳しく見ていきたいと思います。
福力

 

 

 

 

 

英語4技能をめぐる迷走①

2018年03月5日

 

先月25日から多くの国公立大学で2次試験が始まっています。本校も多くの生徒がこ
の試験に臨み、結果を待っているところです。


一方、2020年から始まる大学入学共通テストで導入される予定の英語の民間試験を
めぐって、迷走が続いています。
上記の新聞記事は先月21日(水)の朝日新聞(朝刊)の記事ですが、小さい扱いの割
に、書いてある内容は結構重要なので、ここにとりあげました。
記事の内容は、国立大学協会が、導入される英語の外部試験の配点を1割弱に抑える
ガイドラインをまとめたというものです。要するに、国大協は、英語の民間試験導入
に反対とは言わないまでも、その試験の影響をできる限り少なくしたいということで
しょう。
ガイドラインに強制力はないようですが、この案は国立大学は言うまでもないですが、
少なからず私立大学にも影響を与えることが予想されます。
4技能を測定する民間試験導入を推進する人々は、1割どころか、これまでの英語の試験
自体を民間試験に置き換えようと主張していますが、国大協がこれほどまでに民間試験
の影響を抑えようとしているのはなぜなのでしょうか。
次回、その点について考えてみたいと思います。
福力

冤罪のち次官④

2018年02月19日

次々とかつての部下や同僚が自分に不利な証言を重ね、外堀が埋まって行くなか、村木氏
は、どのようにして無罪への道を切り開いていったのでしょうか。この稿の最後に、そこ
に焦点をあててみます。
彼女が検察の主張を覆す書類を発見したのは、「公判前整理手続」が行われ、開示された
証拠を拘置所で見ている時でした。(時代の証言者⑥ 1月31日付 読売新聞朝刊)

検察の筋書きによれば、偽の障害者団体が郵便割引制度を悪用しようとしたが、6月8日に
郵便局から証明書がないことを指摘され→村木氏に連絡→村木氏が係長に作成を指示→団体
が10日に証明書を提出、となっています。
ところが、証明書が作成されたFD(フロッピーディスク)のプロパティには、作成日時
2004年6月1日1時14分32秒、更新日時2004年6月1日1時20分06秒となっていたのです。
証明書の偽造が6月8日以降になされたとすれば、このプロパティとは辻褄があわなくなって
きます。このことに気づいた村木氏は、その重大性を含めて弁護士に連絡をとります。そこ
から事態は急変していくのです。

しかし公判前整理手続で公開された検察の資料はA4版で積み上げると70センチ以上の高さ。
よくこの中から決定的な資料を見つけられたものだと感心します。村木氏はその疑問を予想
していたかのように、その理由をちゃんとエッセイの中で明かしています。
それが人気漫画「名探偵コナン」。このアニメから、村木氏は「証拠は思い込みを排して新
鮮な目で見ること、ヒントは身近なところにあること」を学んだそうです。日付のずれを発
見したのは、「新鮮な目でもう一度と、証拠書類を2度目に読んでいた時のこと」だったそう
です。
ちなみに夫の太郎さんは、妻のために「名探偵コナン」を2007年からすべてDVDに録画して
ある(!)、とのこと。読売新聞に掲載されたDVDの写真は、ディスク表面にきちんと番組
のタイトルと「名探偵コナン」の主要キャラクターがプリントされてあり、ご夫婦の絆の強
さを感じさせられました。
福力

高等学校卒業式

2018年02月19日

 

 

先週の土曜日、高等学校の卒業式が行われました。
風は冷たかったですが、快晴に恵まれた式となりました。
以前にこのブログでも書いたのですが、この学年は、生徒のプレゼンを見る機会が何回
かあり、その出来映えに驚かされたことを思い出します。
3年間はあっという間だったのではないでしょうか。式辞でもふれましたが、青凌で養
われた「挨拶」の習慣をこれからも大事にして、これからのそれぞれの舞台で活躍して
くれることを期待しています。

 

当日ご参列くださいました多数のご来賓、ならびに保護者の皆さま、本当にありがとう
ございました。
福力

冤罪のち次官③

2018年02月16日

拘留期間は延長を含めて20日間。この日数の間に、検事の言われるままに自分の供述
を変えてしまう人は少なくありません。村木さんも、当初、担当の弁護士に次のよう
に言われたそうです。

「残念だが、取り調べは検事の土俵。プロとアマチュアが同じリングに上がるようなも
ので、弁護士というセコンドもいなければ、裁判官というレフェリーもいない。勝つの
は難しいが、負けないようにしよう」(時代の証言者3 読売新聞1月27日付)と。

これは私たちが日頃持っている認識とは、随分かけ離れたもののような気がするのは、
私だけでしょうか。「勝つのは難しい」ということは、少なくとも知っておいた方がい
いように思いました。
さて、では村木氏が虚偽の供述に追い込まれず、絶対不利な土俵で最後まで闘い続ける
ことができた要因は何だったのでしょうか。村木氏自身は、その要因として次の5つを
挙げています。


①好奇心が強い。それ故、拘置所を興味深く観察することができ、気を紛らわせること
 ができた。(所持金で下着を注文すると、ユニクロの製品が来たらしい)
②考えても仕方がないことは脇に置き、今できること、しなければならないことからす
 る習慣を身につけていたこと。
③本好きだったので、拘置所内で気分転換が上手にできた。ちなみに半年近くに及んだ
 拘置所生活で、約150冊の本を読まれたとのこと。
④拘置所内の麦飯が意外と体に合い、食べること寝ることが十分にできたこと。
⑤自分を信じて応援してくれた家族の存在。

 

華奢な体つきの村木氏ですが、自分の精神的なコントロールには、随分と長けておられる
のではないでしょうか。そしてこの5つの要因、拘置所内に当てはまるだけではなく、人
生で自分を見失わないための要因とも言えそうです。
福力

冤罪のち次官②

2018年02月14日

「HERO」という検察官を主人公にした民放のドラマがありました。主役は木村拓哉さん
演ずる風変わりな検事。このドラマは視聴率も高く、映画版までつくられました。最近で
言えば、あのドラマが、私たちの「検察官」に対するイメージに与えた影響は少なくない
と思います。陳腐な言い方であることを恐れずに言えば、「正義の味方」。これがそのイ
メージの中心にあるのではないでしょうか。

しかし、村木氏の証言を読むと、そのイメージは一変します。検事は、嫌疑を否定する村
木氏に対して、「私の仕事はあなたの供述を変えさせることです」と言ったそうです。
そして、「自分たちのストーリーにあてはまる話は一生懸命聞き出そうとするけれど、都
合の悪い話は1文字も書かない。裏付けに使えるか、使えないかの1点のみで証拠が検討
され、使えないものは無視されていく。正義の味方であるはずの検察がです。」(時代の
証言者③ 1月27日付 読売新聞朝刊)
まさに結論ありきの取り調べ。そこには真実は何かという態度は、かけらも見られません。
さらに、「執行猶予がつけば大した罪ではない」と嫌疑を認めるように促します。検察は
こんな風に、自分たちのつくったストーリーに被疑者をはめていこうとするのですね。
素人を20日間拘留して、硬軟織り交ぜた形で説得していけば、無実の人も、そんなものな
のかなと正常な判断を失ってしまうことは、誰にでも起こりそうな気がして恐くなります。
ただ村木氏は、この説得に対して、「あまりに世間の常識や物差しと違いすぎると、泣い
て抗議」したそうです。完全アウェーの環境で、よく正常な判断をされたと思います。


逮捕される寸前、家族の連絡先を聞かれた村木氏は、電話番号を調べるふりをして、海外
出張中の夫の携帯にメールを送ります。それは、漢字に変換する余裕もなかったため、
「たいほ」というひらがな3文字だったそうです。
福力

冤罪のち次官①

2018年02月14日

1月下旬から、「時代の証言者」~冤罪のち次官~というタイトルで、前厚生労働省事務
次官の村木厚子氏が、読売新聞において、一連の事件を振り返った証言を続けています。
この連載がとても興味深く、最近、読売新聞はこの連載記事を真っ先に読んでいます。
事件が起こったのは、2009年。村木氏が起訴された罪名は、虚偽有印公文書作成・同行
使でした。まだ皆さんの記憶にも残っていると思いますが、読売新聞の記事を少し引用し
ますと、

 

「偽の障害者団体が不正に利益を得ようと郵便割引制度を悪用した際、2004年に発行さ
れた厚労省の障害者団体証明書が使われたことから、当時、担当課長だった村木さんが
偽の証明書の作成を部下に指示したとされた。後に不当な捜査による冤罪とわかり、検
察組織を揺るがす大事件となった」(時代の証言者第1回 1月24日朝刊より)

 

単なる冤罪ではなく、検察、しかもその特捜部が、証拠の改竄を行っていたという衝撃
的な事件でした。この事件後、大阪地検特捜部が事実上解体され、特捜部という組織事
態の存在理由が問われることになったのは、皆さんご存じの通りです。
渦中にあった村木氏が語る逮捕時の衝撃、半年近くにわたった拘置所生活、証拠の改竄
を見つけた経緯等、この連載は勉強になることが満載です。次回、その中からいくつか
を取りあげて紹介したいと思います。
福力

 

寒稽古始まる

2018年02月1日

   

 

中学部の寒稽古が初日を迎えました。
昨夜は、大阪にも降雪の可能性があるという気象予報。さて、どれほど寒い
かと覚悟しておりましたが、体育館に入ってみると、むしろ若い生徒たちの
熱気であふれていました。これはうれしい錯覚かも知れません。
伊達先生の挨拶で、今年で寒稽古が八年目を迎えるのだと知りました。
今年も、元気に中学生の皆と寒稽古に取り組むことができる幸せを感じた次
第です。清々しい朝でした!
福力

専門家が見た「大学入学共通テスト」

2018年01月30日

昨日の日本経済新聞(1/29朝刊)に、試行された「大学入学共通テスト」について、東北大
学の柴山直教授(日本テスト学会 検討ワーキンググループ主査)から3つの重要な問題点
が指摘されていました。要点をまとめると以下のようになります。

 

1 受験生の学力を正確に測定するには、幅広い出題範囲で、易しい問題から難しい問題ま
  でを限られた時間内に解かせるようにしなければならない。しかし今回の試行テストを
  見ると、多くの科目において設問あたりの文章・資料の量が多くなった結果、設問数が
  減少している。そのため、テストの学力識別力、内容の妥当性、信頼性の低下が懸念さ
  れる。

2 「5つの選択肢の中から適当なものをすべて選べ」という解答形式は、一見するとより
  深い思考を求めているように見えるが、この形式をとることにより、実際にはテストの
  学力識別力は低下する。なぜなら、5つの二者択一問題であれば(この形式も結局、そ
  の力を見ているにすぎない)、5問正答から0問正答までの細かい個人差が識別できる
  にもかかわらず、この形式では、4問以下の正答は0問正答と同じになるからである。

3 記述式問題の採点の信頼性と実行可能性について、依然、疑問が残る。現在想定されて
  いる試験実施から結果報告までの期間内で、余裕をもって正確な採点が可能であること
  を示すことが、説明責任という観点から必須である。

柴山教授は、以上3点の指摘は、理論的技術論的にみて確実なことだけを述べているので、
非公開の1次データを使って分析すれば、事態の深刻さはより鮮明になると指摘しておられ
ます。


これらの問題点は予測できなかったのでしょうか。柴山教授は、高大接続システム改革会議
において、テスト理論の専門家が再三にわたって問題点を指摘したにもかかわらず、軌道修正
されることなく今回の試行調査に至ったことを、問題の原因として挙げておられます。
テスト実施まであと3年。50万人以上が受ける規模のテストとして、指摘された問題点はど
れもかなり重要だと思います。
福力

生徒から見た「大学入学共通テスト」

2018年01月26日

実施まであと3年と迫った「大学入学共通テスト」。昨年、11月に実施された試行のテストを
受けた高校生はどう思ったのか。今週月曜日(1/22付朝刊)の朝日新聞に、静岡県立掛川西
高校2年生の生徒たちの感想が掲載されていました。
その感想は一様に「難易度が増している」というもので、特にこれまでのセンター試験との
質的な差異を感じた生徒が多いようでした。彼らの感想を少しまとめますと、

 

・素材文が長く、かつまた表やグラフの資料も多い。
・センター試験に比べて、生育環境による有利不利が生じそう。
・登場人物の心情を聞くような問題よりも、情報を取捨選択して適したものを導き出す力が
 問われる。
・新テストの方が、今の社会で求められている力を問うている。
・求められるものが、暗記力から表現力に変わった。
・人に伝える経験、自ら情報を発信する機会を持つことが求められる。

冷静かつ客観的な高校生の問題分析に驚かされます。彼らの感想は、このテストを初めて受ける
予定の現在の中学3年生に大いに参考になることでしょう。


少し話題がずれるのですが、これらの感想に関連して私が思い起こしたのは、昨年9月に発表さ
れた国立情報学研究所の新井紀子教授の調査研究結果です。調査では、21,000人の中学生・高校
生を対象に独自の読解力テストが実施されたのですが、特に中学生の約25%が、教科書レベルの
基礎的な読解力が不足していると指摘されていました。
新井教授が「読解力が低く教科書が読めないと、自力で新しい知識を得ることができない。運転
免許など資格も取得できず、社会生活に支障が生じる」と危機感をあらわにしておられるのが、
私には衝撃的でした。登場人物の心情を読み解くことも大事だけれども、文章やグラフを正確に
読み解く、そしてそれを自分の言葉で表現することが重視される、試行テストでも、このことに
焦点があてられているのではないかと感じました。
記述式問題の導入というキーワードだけが、一人歩きしている感のある「大学入学共通テスト」で
すが、今回の試行テストを通じて、問題の焦点がどこに絞られているのかが、少しずつわかってき
たように思います。
福力


※参考までに国立情報学研究所で実施された読解力テストの問題例を1つ挙げておきます。
問題 以下の文を読みなさい。
 「トポロジーの誕生は、18世紀にさかのぼる。」

上記の文が表す内容と以下の文が表す内容は同じか。「同じである」「異なる」のうちから答えなさい。

 「トポロジーの誕生は、18世紀以前である。」     (2017.1.15読売新聞朝刊より)

Copyright © 2019 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.