ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

青雲・凌雲

祝 ノーベル医学生理学賞受賞

2018年10月2日

京都大学の本庶佑特別教授がノーベル医学生理学賞を受賞。久しぶりに手放しで喜
べるニュースです。これで日本人の医学生理学賞は5人目になります。自分が特に
努力したわけでもないのに、やはり誇らしいものですね。
今日の朝日新聞(2018.10.2朝刊)によると、この研究のキーポイントになっている
PD-1というT細胞は、当初、アポトーシスの研究をしている過程で見つかったとい
うことです。ということは、最初はこのT細胞が、細胞死を引き起こすと思われてい
たのでしょうか。PD-1のPはProgrammed(プログラムされた)、DはDeath(死)
の頭文字だそうです。しかし、名前に反して「何度実験しても、細胞は死ななかった」
(同上記事)。
実は、このT細胞は、細胞死を引き起こす免疫細胞ではなく、むしろその逆に免疫機
能を抑制する働きに関わるものだったというわけです。
従来のがん研究では、この本来、人間が持っている免疫機能を活性化させることが
長らく追求されてきました。有名な「丸山ワクチン」もその1つ。
しかし、「体を守る免疫を強めてがんを倒すのではなく、がんが身を守る仕組みを突き
止め、これを逆手に取って治療につなげる戦略を実現」(2018.10.2日本経済新聞)し
たのが、今回の研究だということです。
免疫機能は人間にとって大切な機能ではあるけど、際限なく働きつづけると、やがて自
分にとって必要な細胞まで攻撃してしまうから、そこにはちゃんとブレーキが働くシス
テムが、本来備えてあります。がん細胞が、その機能を利用して自らの身を守ろうとし
ている「しくみ」を解明したのが、今回の研究の肝ということになるでしょうか。
しかし「がん細胞」ももう少し賢かったら、そのブレーキを悪用して、自らの増殖が暴
走すれば、やがて寄生している本体が崩壊してしまうとわかるはずなのに、と素人の私
は考えてしまいます。
ともかく本来はプラスに作用するはずの機能が、時には必ずしもプラスどころかマイナ
スに作用してしまうというところが、生命現象の興味深いところです。生命現象とは、
本当に複雑で神秘的なものだなぁと、改めて考えさせられました。
福力

青凌トライアルⅡ

2018年09月29日

 

 

本日、第2回目の青凌トライアルを開催いたしました。
生憎の雨でしたが、ご来場いただいた保護者・生徒の皆さんでホールは満席でした。
悪天候にもかかわらずご来校頂きました事、感謝申し上げます。
今回の体験が、今後の受験校の決定の一助となりましたら幸いです。
本日はありがとうございました。
福力

Jacinda Ardern(current Prime Minister of New Zealand)

2018年09月27日

 

 

「NZ首相、3カ月の娘と国連へ」、昨日の朝日新聞の記事(2018.9.26)です。
6週間の産休を首相がとったこともニュースになりましたが、今回の記事は、国連で
の会合にアーダーン首相が「子連れ出席」したことをとりあげたものでした。
今から10年以上前になりますが、本校の国際コースの生徒たちが短期留学(3カ月
~6カ月)でお世話になっているニュージーランドの複数の高等学校を訪問した際、そ
の半数を超える学校の校長先生が女性であったことを思い出しました。その1人の校
長先生は、昼休みでティータイムをとっているスタッフルームに私を案内して紹介し
てくださった後、いきなり「どうぞショートスピーチを」と言われて、緊張しながら
即興のスピーチをしたことは、懐かしい思い出です。
NZのメディアは、「首相の娘が世界のメディアの見出しになった」と好意的に報じ
ている(同記事)とのこと。さもありなん、という感じがします。
福力

高齢化社会

2018年09月25日

先日、厚生労働省から発表された日本における100歳以上の人口数。ニュースを聞かれ
た方はもうご存じでしょうが、その答えは次のうちのどれでしょうか?

 

①約7百人
②約7千人
③約7万人

 

正解は③の約7万人。正確には、「老人の日」の15日時点で6万9785人となります。こ
のニュースを聞いて、驚かれた人も多かったのではないでしょうか。さらにその約7万
人のうちの88%、6万1454人が女性です。
日本経済新聞電子版(2018.9.14)によると、「100歳以上の高齢者は国が表彰制度を始
めた1963年は153人だったが、98年に1万人を突破。年間3千人ペースで増加を続けて
いる」とのことでした。年間3千人!私たちの予想以上のスピードで高齢化は進んでい
るようです。
最近読んだ本(「医者が教える食事術」ダイヤモンド社)には、長生きできるかどうか
は、持って生まれた体質よりも、「食事をはじめとした生活習慣」が大いに関与してい
るとありました。その本からの孫引きになって恐縮ですが、アメリカの「ナショナル・
ジオグラフィック」誌の記者であるダン・ビュイト氏が、長寿者の多い地域をレポート
し、世界中で以下の4つの地域を挙げておられるそうです。

 

・イタリアのサルディーニャ島中部
・日本の沖縄北部
・アメリカのカリフォルニア州ロマリンダ
・コスタリカのニコジャ半島

 

先の日経新聞の記事には、都道府県別の100歳以上の人口ベスト10が挙げられているの
ですが、そこに沖縄県は見当たりません。実は、沖縄県では、北部が「ゴーヤを日常的
に摂取するなど昔ながらの食生活を維持」(「医者が教える食事術」)しているのに対
し、南部はアメリカの「ファストフードやランチョンミートを多食し、肥満者が増え、
心臓疾患で早死にする人が日本で最も多く」(同上記本)なっているとのことです。
この沖縄県での状況は、日本全体にもあてはまると思われ、そう考えると、今後も長寿
の人が右肩上がりで増えていくとは言えないかも知れません。
福力

日航機123便③

2018年09月22日

2冊目は、『日航機123便墜落 最後の証言』。この本はかなり売れているようで、ど
この本屋さんに行っても、在庫切れでした。仕方なく、電子図書で購入。こういう時
に、kindleは便利ですね。
さてこの本の著者、堀越豊裕氏は、共同通信社外信部次長。そのネットワークを生か
して、米国で特にNTSB(米運輸安全委員会)、ボーイング社の関係者から事故当時
の詳しい事情を取材しています。そこで明らかになったのは、米国と日本との事故責
任のとらえ方の違いです。簡単に言うと、日本では「責任者は誰かを明らかにして、
その人物に罰則を与える」が至上命題になるのに対し、米国では悪意がなければ、事
情聴取する関係者に最初に刑事上の免責を与えて、事故原因を追求することに重きを
置くというのです。
ご存じのように、123便の墜落の公式原因とされたのは、ボーイング社の圧力隔壁の
修理ミスでした。その修理ミスには悪意があったのか、ないならば免責を与えた上で
どのようなミスで、それがどう墜落につながったのかを調べる、というのが米国流の
ようです。しかし著者も本書で述べているように、このような考えは、日本ではなか
なか理解されないでしょうね。日本の警察、事故調は、ボーイング社で修理にあたっ
た関係者の事情聴取を何度も試みたものの拒否されたということ、またその関係者は
事故後、長らくの間、外国に行く際にも日本を経由することは慎重に避けていたとい
うことは、本書で初めて知りました。
著者は、先の本の青山氏にも会い、ミサイル説にも本書の中で言及しています。しか
し、米国の関係者も最初は「テロ説」が有力で事故現場に入ったが、機体の破片にそ
の痕跡がなかったということ、もしミサイルが発射されたなら、それはレーダーで捕
捉されたはずということ、またミサイルを発射した艦船には数千人が乗りくんでいる
はずで、それら全員の口を30数年にわたったつぐませることはできないはず、として
ミサイル説を明確に否定しています。


ご紹介した2冊の本、その取材の結論は全く違います。あれほどの事故で、30数年経
った今も、さまざまな説があること自体、驚きを隠せません。航空機というのは、そ
れに搭乗すること自体、日本ではもはや日常の風景となっていますが、それだけ複雑
で、多くの犠牲者のもと、その安全性が向上してきたということなのかも知れません。
※前回で紹介した『遺物は真相を語る』は図書室に寄贈しています。
福力

日航機123便②

2018年09月20日

前回の続きです。まず『遺物は真相を語る』という青山透子さんの著書。この本の著者、青
山さんは、昨年も『日航123便 墜落の新事実』(河出書房新社)を出版され、その内容につ
いては、このブログでも詳しくご紹介しました。(2017.8.29)
彼女が取材してたどりついた推論は、「相模湾で訓練していた自衛隊の護衛艦「まつゆき」
が発射した誘導ミサイルが、何らかの理由で誤って日航機に接触、垂直尾翼を破壊し、それ
が直接原因となって日航機は墜落した。そしてその事実を隠蔽するため、墜落場所は意図的
に発見が遅らされ、先に秘密裏に現場に到着した自衛隊が、証拠を隠滅するために火炎放射
器を使って現場を焼き払った」という、俄には信じがたいものでした。
今夏、出版されたこの本では、あらためて日航機墜落の直前から、国産ミサイルの開発が佳
境を迎えていた事を当時の新聞等で示し、あわせて墜落現場から見つかったさまざまな遺物
を化学分析にかけて、その成分を調べることで、自らの推論が正しいことを論証しようと試
みています。
彼女はまず、ジェット燃料であるケロシン(成分は家庭用の灯油に近い)で、人間の体が炭
化するほど燃えることはない、と言います。御巣鷹山の峰に広範囲に広がった多くの遺体は、
性別が判別できないほど炭化していました。
さらに今回の著書の中で、彼女が成分分析にかけたのは、墜落現場から採取した何とも形容し
がたい「塊」2つ。それらを、どこから採取したかを伏せて、金属材料の研究でトップクラス
のT大学工学部(実大学名は明らかにされていません)に、分析を依頼しています。
その結果はというと、航空機の機体を構成しているジュラルミンに含まれるアルミニウムを除
くと、多くの硫黄とベンゼンが検出されたというのです。その分析結果から、青山氏は「あの
日、上野村の墜落現場の山奥で、ジェット燃料ではなく、ベンゼンが含まれる大量のガソリン
が用いられ、航空機の構造物であるジュラルミンが融解してドロドロになって固まり、その中
に硫黄成分を含むゴムのような粘着性の高い物質が含まれていた、という事実は、武器使用の
可能性を最大に高めた結果となったのはまちがいない」(本書143ページ)という、前著と同じ
結論に至っています。
福力

日航機123便①

2018年09月19日

    

 

毎年、夏になるとマスメディアで取りあげられるものが2つあります。1つは、太平洋
戦争。昨年は特にNHKが特集した「インパール作戦」のドキュメンタリーが心に残り
ました。(※「NHKスペシャル 戦慄の記録インパール」2017年8/15放送)
そしてもう1つ取りあげられるもの、それが日航期123便の墜落事故です。
今でも単独機の事故としては、最悪の520人の命が失われた航空機事故。1985年の事故
発生から30年以上が経ちました。
私は事故の一報をラジオで聞いたその時を、今でもよく覚えています。ちょうどお盆休
みで日本海に向かう車の中でした。日本航空の747ジャンボジェット機の機影がレーダー
から消えた。墜落場所は不明。ラジオはその少ない情報を繰り返し伝えていました。
ジャンボという名で親しまれたボーイング747型機は、自分でも搭乗した経験があった
ので、あんな大きな機体が落ちたのかと、信じられない思いでした。

30年以上経った今も、その事故原因についてさまざまな説が語られ、そして出版物が出
て、それなりの売れ行きを示します。私と同じようにその原因について、まだ納得できな
い人が多くおられるのだろうと思います。
さて今夏、出版された上記の2冊。2冊の本が提示する事故原因は全く違います。それぞ
れのジャーナリストは、どのような取材を経て、どのような結論に至ったのか。それを
次回、簡単にご紹介したいと思います。
福力

体育祭

2018年09月15日

 

 

  

 

 

青凌はじまって以来、初の室内競技場(丸善インテックアリーナ)での体育祭が開かれ
ました。
室内競技場に変わったことで、少しどうなるかなと案じていたのですが、生徒たちのパワ
ーはすごかったです。「集団演舞」、「創作ダンス」、「応援合戦」と見せる要素も満載
で、終盤は、特に「みんなでジャンプ」「Sprint走決勝」「団対抗リレー」で大いに盛り
上がり、体育祭を成功裏に終えることができました。記念すべき室内競技場での第1回目
の総合優勝は赤団でした!
朝早くからご観覧くださったご来賓ならびに保護者の皆さま、本当にありがとうござい
ました。
福力

青凌祭

2018年09月11日

先週、盛況のうちに青凌祭が終了しました。保護者の皆さまには、多数のご来校をいた
だき、誠にありがとうございました。特に今回は、第1日目の会場が急遽、八幡市文化
センターに変更となり、色々とご迷惑をかけたことと思います。
生徒たちもリハーサルの時間が変わったり、終わる時間が遅くなったりと、イレギュラ
ー続きでしたが、本当によく協力してくれました。
1日目、京阪八幡市駅に向かって歩く時には、雨も止み、気温もそれほど高くなかった
ので、ほっとしました。
青凌祭1日目、2日目の表彰の結果は以下の通りです。

 

青凌祭1日目(舞台発表の部)
第1位  「大きな木」   (中学3年)
第2位  「花より男子」 (高校2年7組)
第3位  「西遊記」   (高校1年3組)

 

青凌祭2日目(校内発表の部)
第1位  「カジノ」           (高校1年8組)
第2位  「タトゥキトゥーンからの脱出」 (高校2年3組)
第3位  「モンスターズ・キヨシティ」  (高校2年1組)

 

最後になりましたが、今年も保護者会、同窓会、青友会の皆さまには、2日目の
校内発表にて協賛をいただきました。またブリランテさんにはエクセルホールで
の出演、文化部の皆さまには作品の展示をご披露いただきました。

皆さまのご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。
福力

 

あれから2カ月・・・②

2018年08月28日

前回、文藝春秋8月号に掲載された鎌田教授の小論を紹介しました。その内容を一言で
まとめると、日本列島は、1995年の阪神・淡路大震災以後、地震の活動期に入っており、
過去の地震の歴史から推測すると、この活動期は約40年から50年ほど続き、その最終期
に南海トラフによる巨大地震が起こる、という事です。さらに鎌田氏は、日本列島の21世
紀は、「巨大地震が頻発した9世紀の日本に酷似している」とも指摘していました。
小論では、9世紀の貞観地震(869年)を東日本大震災に相当する大地震と仮定し、その9
年後に相模・武蔵地震(M7.4)、さらにその9年後にM9レベルの仁和地震が起きていると
指摘しています。
では、この9世紀の事例を21世紀の日本に当てはめると、どうなるのでしょうか。
2011年の9年後、つまり2020年に首都圏で、さらにその9年後の2029年に南海トラフ巨大
地震が起こる、と鎌田氏は述べています。
もちろん、鎌田氏は「この年数の通りに地震が起きるわけでは決してない」としています
が、その可能性も否定できません。2020年は、言うまでもなく、東京オリンピックの開催
の年です。予測が外れることを望まずにはいられません。
さらに最悪な事に、南海トラフ沿いの地震は約90年~150年おきに発生していると言われ
るのですが、そのうち、「3回に1回は、東海・東南海・南海の3つが連動して同時発生し、
超弩弓の地震を引き起こして」(鎌田氏)きていることが、歴史から分かっているのです。
そのまさに3回に1回のタイミングが、今、発生が予想される南海トラフ地震に当たってい
るのです。
いたずらに恐れてばかりでは、この地震の多い列島の上で生活していけませんが、私たち
は、少なくとも今後20年ほどは、この列島が地震の活動期に入ったことを自覚し、防災へ
の意識を高めるよう不断に努力しておくしか手はなさそうです。
福力

Copyright © 2020 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.