ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

青雲・凌雲

The Singularity is near.②

2018年01月11日

前回の続きです。レイ・カーツワイルの飛び抜けた、というかむしろトンデモ本に近い
発想が、なぜこれほど人口に膾炙し、世界中で真面目に議論されるのでしょうか。
それには理由があります。


駒沢大学の井上准教授は、以下のような理由を挙げておられます。
①カーツワイル自身が、すぐれた発明家であるということ。
 ※彼はこれまでにスキャナー、 OCR(ソフトウェア)、シンセサイザーなどを発明
  している。
②カーツワイルはこれまでにも未来予測を的中させている。
 ※1990年頃に、多くの人々がチェスで、当面のところ、コンピュータは人間に勝てな
  いと予測するなか、カーツワイルは98年には、それが実現すると予測。実際には、
  97年にIBMのスーパーコンピュータ(ディープブルー)が、チェスの世界チャンピ
  オンであるガルリ・カスパロフをやぶった。この他遺伝子解析でも、多くの人がま
  だまだ実現しないとする中、数年で全解析が実現するという予想をし、彼の言った
  予想が現実のものになった。
③カーツワイルの予測は、最先端の技術や膨大な研究論文を踏まえたものであるという
 こと。            (※『人工知能と経済の未来』文藝春秋 43P~45P)

 

その結果彼の予測は、今、大真面目に世界で議論されているのです。そしてカーツワイル
自身、今後のAIの飛躍的発展による遺伝子工学、ナノテクノロジー等の発展で、今後15年
以内に人間は毎年1年以上寿命を延ばせるようになると断言し、「永遠に生きる気マンマン
で、1日に250錠ものサプリメントを飲んで健康を維持しつつ、不老不死が可能になる日を
待ちわびているそうです」。(同上書 47P)
この彼の確信の根底には、近い将来、人間の脳の神経ネットワーク構造すべてが、コンピ
ュータ上にアップロードできるという考えがあります。(※このことをマインドアップロ
ーディングとよぶ)
しかし、身体のない意識が、仮にコンピュータ上に移せたとして、それは「私」と呼べる
のでしょうか。こうなると、「問い」はにわかに哲学めいたものになってきます。
前回取りあげたNHKの番組では、著名な言語学者チョムスキー氏が、カーツワイルの考え
を根拠のない妄想だと切り捨てていました。


シンギュラリティは本当に起こるのか?また起こったとして、その未来は人類にとって幸
福といえるものになるのか。いずれにせよこの答えは、ここ10年くらいのうちには、その
片鱗が見えてくると言えそうです。
福力

The Singularity is near.①

2018年01月6日

3学期始業式で、「シンギュラリティ」という概念の紹介をしました。
私は、この言葉を一昨年、初めて知り、この欄で取りあげました(2016.6.29)が、
もともとこの概念は米国の未来学者、レイ・カーツワイルが今世紀初めに紹介し、
世界的に知られるようになったものです。最近では、日本でもこの言葉が広まって、
その意味を知る人が多くなってきたように思います。
昨年末のNHKの番組(「人間ってナンだ?超AI入門特別編」2017.12.29)で、カーツ
ワイル本人が、インタビューに答える形で、この概念について語っていたのですが、
そのあまりに楽観的な未来像には驚かされました。
始業式の短い時間では、この概念を説明しきれませんでしたので、このブログを使っ
て、あらためてこの概念をとりあげてみたいと思います。

レイ・カーツワイルが、「シンギュラリティ」という概念を初めて紹介したのは、
『シンギュラリティは近い~人類が生命を超越するとき』(2005)という本で、コン
ピュータの計算速度が指数関数的に上昇していけば、2045年の時点で、その速度が全
人類の脳すべてに比肩するようになるというものでした。
人工知能が全人類の脳と肩を並べる、あるいは追い抜く時、何が起こるのか?
その時、想像を絶する、予想できない、空前絶後の(シンギュラー)変化が起こると
いう意味合いを、彼は「シンギュラリティ」という言葉で表現したのです。
NHKの番組でカーツワイルは、2030年代に、生物としての脳と人工的な脳(つまりは
AI)が融合するだろうと、そしてそのことによって、われわれ人類の脳は、約200万年
前に起こった進化と同等の進化をとげるだろうと予想していました。
それはこれまでの人類を旧型とすると、人類ver2のように。これだけを聞けば、まさに
トンデモ本の類いの発想に近いように思います。しかしそれにもかかわらず、なぜこれ
ほどまでにこの概念が人口に膾炙するようになったのでしょうか。続きは次回に。
福力

Rethink Before You Type

2017年12月26日

 

 

昨今、ネット上には他人を攻撃する容赦ない過激な言葉が氾濫しています。そのような
状況は日本だけではなく、先進国で共通しているようです。例えば米国では、teenager
によって以下のような文章が投稿されています。

Girl, kill yourself.(死ね)
Why are you still alive?(なんでまだ生きてるの?)
You are so ugly.(あなたってほんと醜い)

 

2学期終業式で、トリーシャ・プラブという米国の少女を紹介しました。彼女は上のよ
うな言葉を使ってなされるネット上でのいじめ(Cyberbulling)を苦に自殺した若者の
ニュースに心をいため、この問題を解決するためのアプリケーションを開発しようと試
みたのです。
そのアプリがRethink Before You Type。このアプリはとてもシンプルで、過激な言葉で
SNSに投稿しようとしたときに、「本当に投稿しますか?」という文章が提示されると
いうもの。しかしそのシンプルなアプリで実際にteenagerを対象に実験したところ、93
%の人が投稿を止めたといいます。
トリーシャ自身が14歳で、teenagerの気持ちと行動のアンバランスさをよく理解してい
たのが、このアプリのポイントかも知れません。
彼女自ら、TEDにてそのアプリについて語っています。興味のある方は、以下のURLを
コピー&ペーストしてご覧ください。
※http://www.ted-ja.com/2016/10/shu-kiip-muqian-nimouyi-du-kao-ete.html

福力

高校3年生プレゼンテーション

2017年12月25日

  

 

先週22日の金曜日に高校生のプレゼンテーションがありました。
4組のグループがプレゼンに臨んだのですが、それぞれのテーマは、

A班 「プレゼンをうまくするためには」
B班 「幸せの国ブータン」
C班 「マーケティングとは」
D班 「笑いの効能」

でした。
今回のプレゼン、最後のあいさつで話したのですが、プレゼンの仕方もまた中身
も、昨年よりもかなりレベルアップしているように思いました。
プレゼンのシートを完成させるにとどまることなく、その提示の仕方、発話にも
かなり注意を払っていたので、シートを生かしたとても効果的なプレゼンになっ
ていて感心させられました。
「前を見て話す」「オーディエンスの目を見て話す」「視線を全体にまんべんな
く動かす」「シートに使う文字、色、字体に工夫する」などなど、プレゼンの基
本がわかっているグループが多かったです。
青凌生も、世の中でプレゼンというものがもっている重要性を、かなり意識して
勉強しているなと感じました。
福力

「たゆたえども沈まず」

2017年12月20日

  

 

 

 秋に出会った良書の1つです。ゴッホの絵は昔から好きで、いろんな美術館で彼の絵
を鑑賞し、その筆のタッチ(ゴッホの絵は、特に筆のタッチがはっきりと残っている)に、
まるで彼がさっきこの絵を完成させたばかりかのようなリアルさを感じ、ゴッホについては
そこそこ知っているつもりだったのですが、彼自身の人生については、ほとんど知らなかっ
たことが、この本を読んでわかりました。
 特に日本美術、なかでも浮世絵がこれほど彼の心をとらえ、その画風に影響を与えていた
ことは驚きでした。そしてその日本美術との出会いに、林忠正なる日本人が重要な役割を果
たしていたこと、ゴッホが「日本」を求めて南仏アルルに移住したなどなど、始めて知るこ
とが、他にもたくさんありました。(この小説が事実をもとにして書いてあるという前提で
ですが)
 弟テオとの愛憎、経済的困窮、ゴーギャンとの確執、ゴッホの人生は、決して恵まれたも
のとは言えませんが、日本美術と出会い、これだけの作品を残し、それが死後とはいえ高く
世の中に評価され、今や世界中の名だたる美術館に収蔵されていることを考えると、画家と
しては、幸せと言えるのではないでしょうか。
 著者原田マハさんは、美術関係の小説をこれまで何作も書いてこられましたが、個人的に
はこの作品がベスト1だと思います。この冬休みに読む本としておすすめの1冊です。
福力

中学合唱コンクール

2017年12月19日

 

 

第6回中学合唱コンクールがありました。
各学年、短期間でかなりのレベルまで仕上げてきていて、感心させられました。
みんなよく声が出てましたし、ハモるところもばっちりきまってました。
この時期の子どもたちの成長は、本当に早いですね。
あらためて全員の姿を見ると、身長の伸びにも驚かされました。

優勝は中学3年「RAIN」。男子と女子のハーモニーがすばらしかったです。
会の前に円陣を組んで気合いを入れてましたが、その成果がでましたね。
来年の中学1年・2年にも、また期待しています。
多数の保護者の皆さまにご来校いただき、ありがとうございました。
福力

ABC予想

2017年12月16日

 

新聞の1面で数学の証明問題が取り扱われることはめったにないのですが、今日の
朝日新聞はその「めったにないこと」が起こりました。
記事の主旨は、京大の望月教授が数学の超難問「ABC予想」を証明したとする論文
が、国際的な数学の専門誌に掲載されることになった(=その証明が正しいことが
国際的に認められた)、ということでした。
実はこの証明、日本経済新聞では、なんと5年前の2012年9月18日に、すでに報道さ
れていました。その記事のタイトルは、「数学の難問「ABC予想」、京大教授が解明
か」。
つまり望月教授が論文をインターネット上で公開されてから、それが正しいかどうか
を判定するまでに、世界中の数学者が寄ってかかっても、5年という月日が必要だった
ということなのでしょう。なんという論文、なんという独創性でしょうか。

今年4月の朝日新聞に、彼の簡単な略歴と論文が紹介されていましたので、以下にそれ
らをまとめてみました。

 

「19歳で名門・米プリンストン大学を卒業。32歳で京都大学数理研究所教授に就任。
整数論と幾何学を融合した「宇宙際タイヒミュラー理論」を10年近くかけて1人で作り
あげる。ABC予想を証明した論文は4編600ページから成るもので、数学の大学教授です
ら、「理解する壁が高すぎる」と言わしめた。望月教授は2014年、自分自身による論文
の検証は終わったので、理解者を育成するとHP上で宣言している。」
                     (※朝日新聞2017.4.10の記事を再構成)

 

この4月の朝日新聞の記事を改めて読んでみると、京都大学の数理解析研究所(RIMS)
が、これまで多くの優れた数学者を生んできた背景もわかりました。RIMSに在籍する
教授は、大学の学部と違い、学生への授業の義務もなく、ひたすら数学の研究に没頭
できる環境が整えられているようです。

望月教授は、各メディアからの取材を丁重にお断りされているとのこと。4月にも取材を
試みた朝日新聞には、長文の丁寧な断りのメールがきたらしい。その断りの理由は、
「私の研究の正確な発信には、深い知識や理解が必要です。」とのこと。
数学という学問の奥の深さを思い知った記事でした。
福力

「さよなら、田中さん」

2017年12月13日

  

 

秋が足早に過ぎ去り、冬の到来が実感として感じられるようになりました。
今年の秋は、個人的にたくさんの良書と出会い、まさに実り多い秋でした。
良書との出会いは、人生をほんとに豊かにしてくれます。

 

今日は、その中から1冊ご紹介します。
タイトルは、『さよなら、田中さん』。表紙イラストは、ぱっと見て気づか
れる人も多いかと思いますが、西原理恵子さんです。
この小説の主人公は、小学校6年生の田中花実ちゃん。母子家庭で経済的には
恵まれていないけれど、底抜けに明るいお母さんと毎日をたくましく生き抜い
ています。
その日々の営みを、おもしろおかしく、そして最後には、ほろっと涙させる作
者の筆致がすばらしいのです。5編の作品が収められているのですが、ひきこま
れるように、あっという間に読んでしまいました。
そして出張へでかける電車の中では、途中、笑いをこらえるのに苦労しました。
驚くことに作者鈴木るりかさんは、なんと中学2年生とのこと。しかもこの5編
の作品のうち、2編は小学生の時に書いたものらしい。
恐るべき中学生が出てきたものです。今後の彼女の作品が楽しみです。
福力

花いっぱいプロジェクト

2017年11月29日

  

 

一昨日、中学1年生が毎年恒例の「花いっぱいプロジェクト」で、エントランスから
体育館につながる通路に花を植えてくれました。
花があるだけで、同じ通路が明るく感じられます。これから寒さが厳しくなってくる
季節、それだけにタイムリーな企画だと思います。
高校受験の説明会で来校する受験生にも、心温まる風景です。
福力

現代は19世紀の欧州か?

2017年11月27日

 

1週間ほど前の読売新聞の1面に掲載されたコラムは、とても興味深いものでした。
著者は細谷雄一慶大教授で、その内容は、一言でいえば、現代の国際秩序が19世紀の
欧州のそれと似たものになってきているという指摘でした。
では19世紀の国際秩序とは、どんなものだったのか?細谷教授は以下のように、まと
めておられます。

「それは、イデオロギーによる正義を掲げ、二元論的に世界の分断が固定化されてい
た20世紀の東西冷戦時代とは、大きく異なる国際秩序だった。重要なのはパワーであ
り、冷徹な国益の計算であり、長期的な視野からの外交戦略だった。」
                        (11月19日読売新聞朝刊1面より)

それを象徴しているのが、言うまでもなく米国のトランプ大統領というわけです。
彼は「歴代の大統領とは異なり、民主主義や人権、法の支配といった、米国が長年に
わたって擁護してきた中核的な理念に、あまり大きな関心を示していない」(細谷氏)
と。アメリカファーストという、誰の目にもわかりやすい国益第一主義のスローガンを
掲げて、各国との取り引きを外交を通じて行う。このスタイルは、確かに19世紀の欧州
外交とそっくりです。
国益と国益がぶつかる外交において、重要となってくるのは中長期的な戦略です。細谷
教授がこのコラムの最後で書いておられるように、国益と国益がぶつかった結果、欧州
は、その後二度の世界戦争に見舞われます。現代の近未来がそんな悲劇を三度繰り返さな
いように、私たちは今こそ、歴史に学ばなければならないのかも知れません。

さてトランプ大統領の最大のディールの相手は、言うまでもなく中国の習近平主席です。
上記の本は、タイトルは『米中激突』とちょっと物騒ですが、トランプ大統領誕生から数
ヶ月の間、米国と中国がどのような戦略を駆使して互いの取り引き(ディール)を行って
きたかを、在米の民主化運動家である著者の陳破空氏の目で追っています。
リアリズムの極地とも言えるその内容は、まさに19世紀の政治そのものでした。
福力

Copyright © 2019 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.