ページ内を移動するためのリンクです。

青雲・凌雲

巨大化するIT企業

更新日:2018年06月07日

あなたは月にどれくらいの頻度でアマゾンでお買い物をしますか?
先月29日にNHKクローズアップ現代+で放送された「生活すべてがAmazon化!?」。ご覧に
なられた方もたくさんおられると思いますが、衝撃的な内容でした。
私たちが気軽にネットショッピングでアマゾンを使うようになって、まだ数年しか経ってい
ないと思うのですが、世界中の人が「ポチッ」とやるようになった結果、世界は激変してい
るようです。
番組で示されたいくつかのデータをご紹介しましょう。
まずアマゾンの1年間の売上高ですが、1779億ドル。日本円になおすと、およそ20兆円。これ
は中規模の国家の予算にあたるほどの金額です。さらに驚かされるのは、アマゾンは、この売上
からあがる利益の大半を研究開発に投じているということです。つまり株主に利益を還元せずに、
もうけの大半を次の技術開発に投じているということなのです。これは米国の企業としては希有
な例と言えるかも知れません。それらの投資は、倉庫のロボット化、ドローンによる宅配、そし
て新たなソフトウェアの開発と、今の現状に甘んじることなく、さらに便利な社会を構築しよう
という野心が垣間見えます。その金額はなんと年間2兆5,000億円。これは、日本の防衛費の約半
分に相当するそうです。


一方、こんな国家をその規模で凌駕するような巨大企業が、それほど長い年月を経ずに急成長を
とげてきた結果、社会にさまざまなひずみが生じています。
「デス・バイ・アマゾン」。これはアマゾンの影響で業績が悪化したり、倒産に追い込まれるこ
とを指した言葉だそうですが、米国で倒産した小売業者は2016年が3,433店舗、2017年が6,955店
舗。この1年で倍増しています。大規模なショッピングモールもその例外ではありません。番組で
は閉店したメイシーズ(※米国の有名なショッピングモール)の映像が流されていました。
そしてアマゾンの本社があるシアトルでは、全体の税収は大きく増えたものの、不動産価格、アパ
ートの賃貸料の急上昇で、フルタイムで働いているのに家賃の支払いが苦しくなる事態に。ホーム
レスの人数は1万人を超えたそうです。
「ポチッ」とするのが、少し恐くなりました。
福力

研究授業

更新日:2018年06月06日

 

 

 

 

教育実習生の研究授業発表が佳境を迎えています。今日6日までが実習期間です。
昨日は研究授業と並行して、中学校のイベント「古典芸能鑑賞会」として落語を
聞く会も開かれていました。その会で、落語家の方が、こんなお話をされていま
した。
「落語」は、映画とかショーとは違って、明るい部屋でやるんです。それはなぜ
かというと、我々落語家がお客さんの反応をみながら落語をするということなん
です。お客さんの方も、「見ている」だけと思っているかも知れませんが、実は
話し手に「見られている」んです。そしてお客さんの反応が、落語家を刺激して
語りに熱が入る、面白くなる、という風に、「話し手」と「聞き手」の双方の共
同作業、これがライブということなんです。そこが落語の面白さなんです、と。
学校の授業も同じなんじゃないか、聞いていて、ふとそう思いました。
福力

新型英検~悩む協会

更新日:2018年05月29日

今日の朝日新聞(2018.5.29朝刊)に、2020年度から導入される英語の外部試験のことが
取りあげられていました。すでに発表があった通り、これまで約280万人の中高生が受検
してきた、ある意味最も親しみのある英語の外部試験である「英検」は、採用されなかっ
たのです。何故か?それは従来型の英検には、スピーキングテストがないからなのです。
記事よると英検協会は、この採用されなかった「従来型の英検」に代えて、共通テストに
使うことのできる「新型英検」を3種類、準備しているのだそうです。それが、以下の3つ
です。

・新型「英検2020 2days」
・新型「英検2020 1day」
・新型「英検CBT」

 

しかし問題点があります。まず受検料が2,000円~3,000円ほどアップするということ。さ
らにこれまでのように、日本全国の広い地域で受検することはできない、ということなの
です。その大きな理由が、スピーキングのテストにかかるコストと手間です。コンピュータ
に録音する形式「英検2020 1day」「英検CBT」にすると、会場とコンピュータの確保に課
題があり、また人と対面式の形式「英検2020 2days」にすると、人員の確保に課題があり
ます。
センター試験に代わる共通テスト、となればできるだけ受験生が住んでいる地域、さらには
家庭の経済力によって、有利不利の差がないようにしなければならないことは言うまでもあ
りません。英検協会の悩みは、かなり深いようです。
福力

 

『十五の夏』②

更新日:2018年05月28日

まだ15歳なのに、あるいは逆に15歳ゆえにか、若き日の佐藤氏は、共産圏をトラブルに
見舞われながら旅する先々で、とても印象的な人々との出会いを繰り返します。
例えば、ポーランドでは、地元の人たちが通う食堂で、4人の男性から声をかけられ、
そのうちの1人に「一緒に俺の家にこないか」と誘われるのです。
佐藤氏は不安を感じながらも、これはポーランド人の日常生活を見る貴重な機会と思って
彼らに身を任せます。(よくまあ無事に帰ってこれたものです)
タクシーに乗って約30分。彼らのうちの1人の家に着き、そこで男たちのパーティ?に参加。
ウオトカを飲まされ、ハンバーグやチーズを食べ、たどたどしい英語で4人のポーランド人
と話をして騒いでいると、電話が鳴ります。

 

「ボーイ」「ボーイ」と男たちが叫ぶ。
そして股ぐらの急所を指で示した。男の子が生まれたということがわかった。(123ページ)

4人のうちの1人の奥さんが妊娠して、今日がその出産予定日。4人はその連絡を待っていたの
です。佐藤氏はその家の主人に強く抱きしめられます。

 

男たちは抱き合って涙を流している。父親となるのは重大な意味を持つのだという雰囲気が
ひしひしと伝わってくる。それと同時に僕が生まれたときに、僕の父もこれくらい喜んだの
だろうかと少し考えた。(124ページ)

 

この後、彼らに気に入られた佐藤氏は、さらに歓待され、あげく貴重なお土産を手にすること
になるのですが、その内容はぜひ本書を読んでみてください。
本書を読んで、若き日に海外に出るということは、危険がともなう反面、若い時にしか体験
できないことがあるなぁと、改めて感じさせられました。
福力

 

『十五の夏』①

更新日:2018年05月26日

 

 

元外務省主任分析官である佐藤優氏の新刊『十五の夏』を読みました。
タイトルにある通り、著者は15歳、つまり高校1年の夏休みに、一人で東欧とソ連を
旅行します。佐藤氏は私とほぼ同年齢なので、約40年ほど前のことです。
私事で恐縮なのですが、私も19歳の時に、1人で約2週間、西ヨーロッパを旅した経験
があります。出発がロンドン、最後の集合がパリと決まっているだけで、あとは全くの
風任せの旅でした。旅の計画を立てている時に、東欧も回ろうかなと思ったのですが、
調べて見ると手続きが面倒で、しかも国内を自由に回ることができないと知り、断念し
た記憶があります。当時は、それほど共産圏の国に旅行することは、いろいろと手続き
が大変でした。ヨーロッパに行く飛行機も、ソ連上空を飛行できないために、当時は北
回り便と呼んでいましたが、その多くが米国のアンカレッジ経由でした。
15歳の著者も、行く先々で列車に乗れなかったり、飛行機が飛ばなかったりとトラブル
に見舞われます。共産圏の多くの国々が、まだツーリストを受け入れる体制にはなかっ
たのです。
しかし、高校1年生だった著者は、それらの困難を乗り越え、チェコスロバキアからポー
ランド、ハンガリーからソ連へと旅を続けます。しかもソ連では、モスクワだけではなく、
中央アジアのサマルカンドやブハラまで足を伸ばしています。
本書によれば、この旅行は、「高校入学に対する両親からの御褒美」だったようですが、
両親は決してお金持ちであったわけではありません。しかし、若い著者が見聞を広げてお
く機会をもつことが大事だと考えられたのでしょう。ただ親になったからわかるのですが、
お金よりも、1人で当時の東欧とソ連を旅させるということは、心配で心配でたまらなかっ
ただろうなと想像します。
上下巻あわせて800ページを超える大本なのですが、その面白さにひかれてあっという間に
読める本です。次回、その中身を少しご紹介したいと思います。
福力

  • 教育方針
  • キャンパス
  • スクールライフ
  • 生徒募集
  • 進路について
  • 青雲・凌雲
    • 年間スケジュール
    • 臨時休校の条件
    • 教員採用
  • お電話でのお問い合せ