ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

青雲・凌雲

大学入試改革1

2019年04月23日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池上彰さんと佐藤優さんが、教育改革について対談した本を読みました。内容がコンパ
クトにまとまっていてわかりやすい。さすが池上さんです。
時間がない人は、第2章「是か非か?2020年教育改革」だけを読んでもいいと思います。
例えば、現在の大学入試改革が始まる前史を、わずか5ページにまとめてあるのですが、
これがとてもわかりやすい。ポイントを挙げると、

・連合赤軍が「共通一次」を生んだ
・旧国立二期校に難問奇問が多かった訳
・共通一次試験と大学の序列化
・共通一次試験とセンター試験の違いとは?

タイトルのつけ方が上手いというか、ついつい読みたくなってしまうところが池上さんら
しい。そしてなおかつ流れが理解しやすい。われわれ教育関係者も学ばなければいけない
ところです。
そして、何よりもこの2人の議論がすばらしいのは、きちんと論ずる対象の試験を自分で
解いていることがわかるということです。世にあまたある教育論議の本では、センター試
験を自分で解いてもいないのに、「今のセンター試験は、すべてマークしか答えがないか
らダメだ」というような断定が、よく見かけられるのです。
本書では、最後に大学入試センター理事長の山本廣基氏と2人の鼎談が掲載されているの
ですが、山本氏が次のような興味深いエピソードを明らかにされています。

「さらに少し残念だったのは、一度、教育再生実行会議のメンバーに大学入試センターを
 視察してもらったことがあるんですよ。その時、過去の問題をハードカバーをつけた冊
 子にして机の上に置いておいたのだけれど、いろいろ説明する間、誰もそれを開こうと
 しないのです。」(本書208ページ)

エビデンス(証拠)に基づかない議論は、無益どころか有害でさえあり得るということだ
と思います。
それでは、この2人は今の新しい大学入学共通テストを、どのように評価されているので
しょうか。次回、それについてまとめてみます。
福力

 

 

 

 

 

 

新年度スタート

2019年04月9日

 

 

先週、高槻現代劇場での入学式を終えました。遅くなりましたが、多数の来賓、保護者の皆さまに出席いただきました事、
心よりお礼申し上げます。
そして昨日、体育館に全学年が集合しての始業式を終え、いよいよ新年度がスタートしました。
校内の桜は、上の写真にありますように、よく見るとまだ蕾もあるのですが、ほぼ満開の状態で新入生を迎えることがで
きました。ここ近年ではめずらしく、新入生が入学してから桜が満開の時を迎えようとしています。

何もかもが新しい新学期。まもなく元号も平成から令和に変わろうとしています。
福力

新年度準備

2019年04月2日

 

 

4月、新年度が始まろうとしています。今年は桜の開花がここ数年では最も遅く、
今日の時点で5分咲きといったところでしょうか。この調子でいけば、新入生が
入学する頃に満開となるかも知れません。

学校では、新年度に向けて、さまざまな会議や準備がすでに始まっています。
昨日は新しい元号も発表されました。何もかもがスタートする春の時期。この時期
にしては寒い日々が続いていますが、そのおかげで桜の花が今年は長く楽しめそう
です。
福力

サカイ マッスル ライン

2019年03月26日

サカイマッスルラインと聞いて、「ああ、あの話か」とわかる方がどれほどおられるで
しょうか。これ、実は最近になって発覚した「誤訳」なのです。
大阪の地下鉄の公式サイトで、「堺筋線」のことを「Sakai Muscle Line」、御堂筋線の
ことを「Mido Muscle Line」等々と誤訳していたという、あのニュース。
大阪人なら、大阪城に向かう東西のラインを「通り」、それを南北に貫くラインを「筋」
と呼んでいることは常識なのですが、それを自動翻訳ソフトにまかせて英文にしたとこ
ろ、「筋」を「筋肉」の筋とソフトは認識したのでしょう。
今月初め、ピーター・バラカンさんが、新幹線車内の英語のアナウンスがおかしすぎて
苦痛を感じているという話をのせましたが、大阪にも実はこんな事が起こっていました。
今日の朝日新聞「天声人語」は、このニュースを取りあげ、「おっちょこちょいの翻訳
ソフトの頭をなでたくなる」と、好意的にとらえていましたが、そんな類いの話ではな
いと、思わず「ツッコミ」を入れたくなりました。
福力

 

相対的貧困

2019年03月23日

 

最近読んだ2つの小説。どちらも今まで読んだことのない作者の作品でしたが、どちら
にも貧困に悩む若者の姿がありました。


『ひと』の主人公「柏木聖輔」は、法政大学に通う大学生。車の事故で父を亡くし、母が
懸命に働いて彼を大学に通わせていました。しかし、その母もある日突然、自宅で亡くな
ってしまいます。これからどうしたら・・・・。茫然自失で商店街を歩いていた彼は、揚
げ物の臭いに誘われて、50円のコロッケを買おうとします。ところが、その寸前で、横か
ら来たおばあちゃんに先に残り1個だったコロッケを買われてしまうのです。そこから彼
の運命が変わり始めます。
『むこう岸』の佐野樹希は、生活保護に支えられて懸命に生きる中学生の女の子。小学5
年生の時に、父はお酒を飲んだあげく、交通事故で亡くなります。さらに母親はパニック
障害をかかえて仕事に就けない状態。中学生の身で、将来の生き方を懸命に考えます。そ
んな彼女が、有名進学校を落ちこぼれた山之内和真と出会って、こちらも運命が変わり始
めます。
2つの小説で描かれた相対的貧困。今、経済格差の広がる日本で、貧困にあえぐ子どもた
ちの数は急増していると聞きます。この2つの小説は、そのリアルな姿を描いているので
すが、それだけではなく、そこに見いだされるかすかな希望もあるのが救いでした。
福力


印パ紛争とひとつの映画

2019年03月15日

ポスター画像  

 

少し変わった名前のタイトルですが、とても感動して久しぶりに人目も憚らず涙した映画
がありました。それが上の写真の映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』です。
この映画のストーリーを少しご紹介します。パキスタンの山岳地帯に住む女の子の母親が、
国境を越えて、インドのイスラム寺院へ子どもを連れて行きます。その理由は、女の子が
人の話は聞けて理解しているのにもかかわらず、声を発することができないということで
した。霊験あらたかな寺院で神様にお祈りし、何とか子どもの障がいを取り除いてやりた
いという母親の願いは、万国共通です。
しかし、そのインドからの帰途、女の子は迷子になってしまうのです。声を出せない、し
かも異国の地。そこでたまたま出会ったインドのおじさん、それがバジュランギおじさん
です。このおじさんが、声を出すことのできない女の子を、なんとか母親の元へ返そうと
奮闘努力する、そんなストーリーです。
パキスタンとインドはこれまで、カシミール地方をめぐる戦争を3度繰り返してきていま
す。そして今、この地をめぐる両国間の紛争が激しくなり、戦争の一歩手前といってもよ
い状況になってきています。それだけに、よけいにこの映画が涙を誘います。現実は映画
のようにはいかないでしょうが、この映画がインドで製作され人気を博しているというの
が、せめてもの救いだと思います。機会があれば是非、ご覧になってみてください。
福力

 

 

中学卒業式

2019年03月15日

  

 

今週の水曜日、中学校の卒業式が行われました。
当日の早朝まで降っていた雨風も、朝には止み、式当日は青空が広がりました。
入学した当初から比べると、大きく成長した姿を見せてくれた中学3年生の面々。
笑いあり、涙ありの心に残る卒業式でした。高校に入っても、それぞれの個性を
生かして活躍してくれることを期待しています。
出席いただいた多数の保護者の皆さまに感謝申し上げます。
福力

英語のアナウンス

2019年03月7日

先日、車の中でラジオを聞いていて、ピーター・バラカンさんが、日本で聞かれる英語の
アナウンスについて興味深いお話をされていました。(2019 2.15 The Life Style Museum :Tokyo FM)
彼がデパートでエレベーターに乗り、8階から1階まで各駅停車でいって降りようとした時、
まず日本語で「お待たせしました。1階でございます。」というアナウンスが流れたそうです。
そしてその後に、英語で”Sorry to keep you waiting."というアナウンスが流れ、彼はついに吹き
出してしまったというのです。文法的には全く間違っていないセンテンスですが、英語ではこ
のようなシチュエーションでは、この台詞は絶対に言わないらしい。
この話に続けて、彼は日本の新幹線で流れる英語のアナウンスがひどすぎて、毎回毎回聞く度
にストレスになると言っていました。さらにもしご連絡いただければ、無料で相談にのるとまで。
たまに新幹線に乗って、英語のアナウンスを聞く度、私はそのセンテンスが正しいものだと信
じて、時にはアナウンスに続けて小さな声でリピートしていたので、とてもショックでした。
国際化が進む日本。私たちが気づかない変な外国語のアナウンスはもっとあるのかも知れません。
福力

中学英語スピーチ大会

2019年02月21日

  

昨日、中学校英語スピーチ大会が開かれました。
中1はスキット部門、中2は暗唱の部、そして中3はオリジナルのスピーチとい
う構成です。今回は、司会進行も生徒たちが英語で行っていました。
皆、緊張の中、一生懸命に暗記した英語のセンテンスを身体を使って表現して
いましたが、多くの生徒にとって、このようなプレゼンテーションの機会は初
めてだったと思います。
中1は、ユーモアあふれるお芝居(ピノキオ・白雪姫)を舞台狭しと展開してく
れました。随所で笑いもとっていましたね。中2の暗唱は、長いパラグラフを見
事に暗記して、緊張の中、流暢に話せていたのが印象的でした。
そしてさすがの貫禄だったのが中3。ボディランゲージをつけて、オリジナルの
スピーチを披露してくれましたが、中1・2生からのリスペクトを得たのは間違
いないでしょう。
「大勢の人の前で上手に話す」ためには、なんと言っても慣れるのが最大の鍵。
今回の経験を、また次に生かしてさらなる飛躍をしてほしいと思います。
福力

高校卒業式

2019年02月19日

  

 

先週土曜日の16日、高等学校の卒業式がありました。
当初、雨模様で気温も低めの長期予報でしたが、当日は晴れてよい天気になりました。
今年は卒業式が終わっても、まだまだ学校に登校して勉強し、一般入試に挑み続ける
生徒が多数います。そう考えると、今日の卒業式はまさに通過点。
最後の最後まであきらめずに自分を磨いてください。
卒業式にあたり、多数のご来賓、保護者の方々にご来校いただき、誠にありがとうございました。
福力

Copyright © 2019 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.