ページ内を移動するためのリンクです。

青雲・凌雲

ネヤドラ

更新日:2018年12月19日

  

 

昨日、交通安全講習会でネヤガワドライビングスクールの阪口さんに、ご来校いただき
ました。実は私、昔からこの自動車学校に興味を持っておりました。なぜかと言うと、
この自動車学校に通った少なくない人が、「とても楽しい自動車学校だった」「もう一
度行きたい」などと言っているのを聞いていたからです。さらに聞くところによると、
卒業して、無事、免許を取得した人たちが集うホームカミングディなるものもあると。
私自身は、自動車学校にそんな楽しい思い出は微塵もなく、ましてや卒業してから、も
う一度行きたいって、どんな自動車学校なんだろうかと思っていたのです。
今日の講習の内容は、自転車通学で気をつけること、というものだったのですが、生徒
たちを退屈させないように、そして興味をもたせるようにする工夫が満載でした。
そして最後に阪口さんが強調しておられたのが、「おもいやり運転」。
道路で周りの人に対して「思いやり」をもって運転するのはもっともなのですが、それに
加えて自分が事故をしたら、どんなに家族が驚き悲しむだろうとか、クラブの皆にどんな
に迷惑をかけるだろうといった「思いやり」。それに思いをもって、毎日安全に登校して
くださいね、と呼びかけておられました。
ネヤドラの人気の秘密が少しわかった気がします。
※上の写真は、ネヤドラのスタッフで結成されたバンドだそうです。
福力

ののはな通信

更新日:2018年12月17日

  

 

気づけば、今年もあと2週間を残すだけとなりました。
年の瀬は、何かとせわしい日々が続きますが、時にはネットやテレビから離れて本を
読むのも、年末ならではの過ごし方ではないでしょうか。
おすすめの1冊目は、『ののはな通信』。作者は三浦しをんさんです。
この小説がユニークなのは、全編が2人の女性の手紙のやりとりで構成されている点で
す。野々原茜と牧田はな、この2人の名前の2文字をとって、「ののはな通信」。
このような形式の小説は、宮本輝さんの『錦』を思い起こさせますが(これも感動し
た小説でした)、この小説の主人公は2人とも女性です。
最初の数十ページを読んだ時には、おそらく2人の女性が成長していって、結婚して(ある
いは離婚して)それぞれの家庭を持ちながら、悩みを共有したり相談したりする内容なの
かなと想像していたのですが、さすが三浦しをんさん、50ページを過ぎたあたりからの全
く想像もつかない展開に驚かされました。
何を書いてもネタバレになりますので、興味がある方は、とりあえず読んでみてください
としか言いようがないのですが、450ページを長いと感じさせない展開は、さすがでした。
小説の時代背景が現代と同時進行なのも、読者によりリアリティを感じさせる要因になって
いるのではと思います。私はついつい寝る時間が遅くなってしまいました。
福力

第2回高校入試説明会

更新日:2018年12月09日

  

 

昨日、第2回高校入試説明会が行われました。
今回も約800名の保護者・生徒の皆さんにご来校いただき、エクセルホール・体育館とも
満員の盛況ぶりでした。
中学3年生の皆さんは、志望校決定の最終段階にさしかかってきている時期だと思います。
この説明会が少しでも皆さんのお役に立てたなら幸いです。
年末年始、苦手科目を中心にラストスパートをかけてください!
皆がこれまでに勉強してきた成果を発揮できるよう祈っています。
福力


中学生主張大会&英語スピーチ大会

更新日:2018年12月05日

  

 

先週土曜日、高槻市内で第17回中学生主張大会、第9回英語スピーチ大会が開催され
ました。どちらの大会本選にも、本校の中学生が選ばれて出場。
会場は高槻現代劇場で、大人でもかなり緊張する雰囲気でした。
その雰囲気の中で、スピーチをする1年生と3年生を見て、「よく頑張ったな」と
声をかけずにはいられませんでした。
他校生と一緒にこのような大会でスピーチをしたことは、一生の思い出になること
でしょう。
また先週は、本校の体育館で、高校3年生2人のプレゼンテーションもあり、その2
人の全校生徒を前にした話しぶりにも、教員皆が感心しきりでした。(※高校1年の
ブログに掲載されています)
両日とも、「ひとつ上の自分へ」を体現する中学生、高校生に喜びを感じた日になり
ました。
福力

Foujita

更新日:2018年11月27日

  

 

今日のGoogleの画面を見て、はっとしました。どこかで見た絵だ。
そうか藤田嗣治かと。カーソルを合わせてみて、今日が藤田画伯の誕生日だと
知りました。
先日、京都国立近代美術館で開催されている「藤田嗣治展」を見に行ったばか
りだったので、この猫が机の下から顔を出している絵が頭の中に残っていたの
です。
入り口で音声ガイダンスのレンタルをして、館内をゆっくりまわって彼の絵画
を鑑賞しました。藤田のいろんな作品が、日本国内のさまざまな美術館は言うに
およばず、フランスからも多数、集められていました。
現代の視点で見ても、かなり個性的な藤田。この個性で当時を画家として生きて
いくのは大変だったろうなと感じました。
日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、そして太平洋戦争。彼が生きた時代、日
本は戦争につぐ戦争を重ねた時代だったからです。
アッツ島での日本軍玉砕を描いた彼の作品があります。かなり大きな作品でした。
それまでの彼の作風が一変したかのような暗い画面でした。ふと作品のサインを
見ると、そこにはこれまでのFoujitaではなく、Fujitaという文字がありました。
なぜこの時期だけサインが変わったのか、音声ガイダンスはふれていませんでし
たが、彼の苦悩のあとをそこに見た気がしました。
「藤田嗣治展」は来月16日まで開催中です。
福力

  • 教育方針
  • キャンパス
  • スクールライフ
  • 生徒募集
  • 進路について
  • 青雲・凌雲
    • 年間スケジュール
    • 臨時休校の条件
    • 教員採用
  • お電話でのお問い合せ