ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

青雲・凌雲

歴史と震災

2017年07月15日

 

 

 

毎年のように震度5クラスの地震が、起こっています。どうも日本列島は、地震の活動期に
入ったことを、私たちは認めざるを得ないと思います。
さて平成の「司馬遼太郎」との呼び声も高い磯田道史さん。上記の本には、その地震やそれ
にともなって起こる津波について、科学的データが存在しない江戸時代の古文書から、来る
べき南海・東南海地震では「何分間ゆれるのか」「大坂や名古屋は、どの程度の津波に襲わ
れたのか」「原子力発電所が集中する敦賀湾に津波が来た証拠はあるのか」などについて、
その被害を予測している章(第4章)があります。この章は磯田さん自身も、特に読んでい
ただきたいと強調しておられます。
ではその答えはどうなのか。詳しくは本書を読んでいただくとして、最後に挙げた「原子力
発電所が集中する敦賀湾に津波が来た証拠はあるのか」という問いに、古文書からどんなふ
うに考察するのかの一端を紹介しておきます。

考察の元なる史料は、ルイス・フロイスの『日本史』。彼はこの本の中で、天正地震につい
て、以下のように語っているのです。
「若狭の国には海に沿って、やはり長浜と称する別の大きい街があった」「揺れ動いた後、
海が荒れ立ち、高い山にも似た大波が、遠くから恐るべき唸りを発しながら猛烈な勢いで押
し寄せてその町に襲いかかり、ほとんど痕跡を留めないまでに破壊してしまった」


この史料に対して、磯田さんは以下のように述べています。
「若狭国に「長浜」という町はない。東京大学地震研究所編『新収日本地震史料』は津波がき
 た長浜は「高浜の誤りであろうか」とした。高浜には原発がある。高浜ではなく近くの小浜
 だったとしても大変だ。なにしろあの一帯は原発銀座である。原発に大津波がくるという話
 だ。穏やかではない。電力会社は原子力安全・保安院に説明せざるを得なくなった。発電所
 を動かすのにも古典教養が要る時代になったらしく電力会社は琵琶湖沿岸の長浜に津波がき
 たという古文書を探し出し、フロイスのいう津波は滋賀県の長浜のことである可能性をにお
 わせる報告書を提出した。しかし原発の安全性を危惧する人たちは納得しない。」
                                    (本書140ページ)

磯田さんはこの後、他の宣教師の著述をもとに、最初の疑問に対する答えを出しているのです
が、その結論については、是非本書141ページを読んでみてください。
※本書は図書室に寄贈しておきます。
福力

 

 

 

 

小さなお客さま

2017年07月11日

  

 

今日は同じ学園の中から小さなお客さまを迎えました。
浪商幼稚園松組(年長組)の園児の皆さんです。
本校吹奏楽部の演奏を楽しんだ後、そのお返しにと、手話を交えながら「虹」を大きな
声で歌ってくれました。
この年齢の時には、まだ恥ずかしがることなく、女の子も男の子も大きな声で歌ってく
れるんですよね。
吹奏楽部の本校生も、そのパワーに少し圧倒されている様子でした。
吹奏楽部の生徒も、教員の私たちも元気をもらった気がします。また来てくださいね。
福力

パールハーバー③

2017年07月1日

  

 

前回の続きです。
調印場所から少し艦尾に進むと、右舷にわずかに船体の凹みが確認できます。(写真左)
これが神風特攻隊が突入した跡です。米国では「カミカゼ・アタック・サイト」と呼ばれ
ているようです。
1945年4月11日、鹿児島県喜界島沖で、ミズーリに1機の零戦が突入し、機体は大破。漏れ
た燃料が甲板上で燃えたもの、ミズーリ自体の損傷は軽微なものにとどまりました。
そして後には、若い日本兵の遺体が残りました。
ウィリアム・キャラハン艦長は、軍人としての勤めを果たしたこの日本兵を手厚く水葬にす
るよう命じます。自分たちの命を狙ったこの敵兵に対して、そんなことをする必要はないと
いう声もあがったようですが、艦長の命令に従って翌12日、礼砲をともなった正式な水葬が
行われます。(写真右)

この話には後日談があります。戦後、この日本兵が石野節雄・二等飛行兵曹(当時19歳)で
あることが判明し、彼の親族とキャラハン艦長の長男、さらに元乗組員がミズーリ艦上の慰
霊祭で対面するのです。石野節夫さんの叔母にあたる鎌田淳子さんが、その慰霊祭において
石野さんが手厚く葬られたことに感謝の意を述べられたそうです。
この慰霊祭が行われたのは2001年4月12日。石野節夫二等兵の水葬の日から実に56年の年月
が経っていました。

19歳の若さでこの大きな戦艦に突入するのは、どんなに恐ろしかっただろうと思います。そ
してその後日談を知った時、戦争の悲惨さと同時に平和の尊さを改めて認識させられました。
また本校生にとっても、貴重な平和学習の機会となりました。
福力

 

パールハーバー②

2017年06月30日

  

  

  

 

前回の続きです。
艦首から艦尾に向かってしばらく甲板上を歩き、狭い階段を上ったところが、降伏文書の
調印場所でした。上の6枚の写真をそれぞれ以下に説明しておきます。
上段左・・・・・調印時の写真。机に座っているのがマッカーサー元帥。右の日本側の先
        頭に立っているのが重光外相です。

上段右・・・・・調印場所に埋め込まれているレリーフ。「1945年9月2日、ここにおいて
        日本国の連合国に対する正式な降伏文書が調印された。このことによっ
        て第2次世界大戦が終結した。なおその時、この船は東京湾に停泊して
        いた。」と刻まれています。

中段左・・・・・写真奥が階段。重光外相は片足が義足であったため、この幅の狭い階段
        を登るのに難渋し、調印場所まで時間がかかった。マッカーサー元帥は
        先に調印場所に姿を見せたものの、重光外相が到着していないと気づき
        再び艦長の部屋に戻ったらしい。

中段右・・・・・調印時に掲げられていた米国旗。よく見ると星の数が31しかない。実は
        この旗は、江戸末期にペリーが日本に来たときに黒船に掲げられていた
        ものである。この旗を調印時にわざわざ掲げた意味については、推測の
        域を出ない。
下段左・・・・・調印された降伏文書。敗戦国と戦勝国で差がつけられている。写真左が
        日本のもので、カバーが布製。写真右側が戦勝国用で、カバーが革製で
        ある。

日本の降伏文書については、世界中のさまざまな場所で見てきましたが、その調印された
場所で見ることは、改めて感慨深いものがありました。
福力

パールハーバー①

2017年06月29日

  

 

先週まで、海外研修の引率でハワイ島、オアフ島に行っていました。
豊かな自然、温暖な気候、今もハワイは世界中の人々の憧れのリゾート地です。
ただ今回は、これまでの行程にはなかったパールハーバーで、アリゾナメモリアルホール、
戦艦ミズーリを巡る半日に及ぶ見学がありました。
なかでも上の写真にある戦艦ミズーリのツアーは、大変興味深い内容でしたので、少しこの
ブログを通じて、その内容の一端をご紹介したいと思います。

ミズーリは、米国民に「マイティー・モー」の愛称で知られている戦艦で、第2次世界大戦
では、硫黄島の戦いや沖縄戦に参戦。1950年代には朝鮮戦争、1991年には湾岸戦争に出動。
92年に退役し、今はパールハーバーに繋留され、記念館として一般に公開されています。

生徒たちと一緒にこの戦艦を見た感想は、「大きいなぁ」というものでした。戦艦大和には
及びませんが、全長は270.4m、最大幅は33m、高さは63.9mという巨大な戦艦です。
そして何と言ってもこの戦艦の名前が日本で強く印象づけられたのが、この甲板上で、日本が
太平洋戦争の降伏文書に署名したということです。
私たちはまず甲板上の艦首から戦艦の全景を望み、続いてその調印場所に移動しました。
続きは次回に。
福力

 

第4回高校生直木賞

2017年06月13日

 

 

先月、第4回の高校生直木賞が、須賀しのぶさんの『また、桜の国で』に
決定しました。あまり世間では話題に上っていないのですが、高校生直木
賞は今回で4回目。制度としては、すっかり定着したものになりました。
これまでの第1回から第3回までの作品を読んできた私としては、今回は
どんな作品が選ばれたのだろうと興味津々でした。
そして、これまで高校生がこれを選んだのかという驚きと、日本の高校生も
捨てたものではないな(失礼)と思わされ続けてきたのですが、今回の作品
は、これまでで一番驚きと感動に満ちた本でした!これを選んだ高校生に
感謝です。

新刊本で約500ページ。最初は読み始めるのをためらいました。しかし少し
ずつ著者の世界に引き込まれていき、最後の100ページは、「革命のエチュ
ード」を聞きながら一気に読み終わりました。おかげでここ1週間、大分、
睡眠時間は少なくなりましたが。
ネットに上げられている実行委員会代表の伊藤氏のコメントを読むと、どう
やら最初は恩田陸氏の『蜜蜂と遠雷』が候補のトップだったらしい。しかし、
次のような高校生のコメントが、この作品に寄せられたようです。

・受賞作は、ポーランドの戦争の物語ということにとどまらず、しっかりと友
 情の物語を描くことで、時代を超えた人間性を感じられる作品でした。
      成城高等学校(東京都)2年 石井拓樹(いしい・ひろき)さん
・受賞作は、第二次世界大戦を、ポーランドを舞台にした新鮮さ、主人公のア
 イデンティティの問題など、いろいろと考えさせられる作品でした。
  国際基督教大学高等学校(東京都)3年 飯田真由(いいだ・まゆ)さん
  ※いずれも高校生直木賞のHPから抜粋(http://koukouseinaoki.com/)

やはり本の力はすごいですね。あらためてそう感じました。この本、本校の図
書室にあります。
福力

 

夏野菜を育てる

2017年06月8日

  

 

今日、中学1年生が総合学習の一環で、プランターに野菜の苗を植えました。
きゅうり、落花生、ピーマン、さつまいも、なす。
さあ、うまく育てられるかな?
みんなの愛情を注いであげてくださいね。
福力

教育実習終了

2017年06月7日

  

 

昨日で教育実習が終了しました。
学生ではなく、教員として高校生の前に立ち、授業をすることで多くの
事を学んだと思います。
いつもながら、私たちも実習生の姿から自分たちの初心を思い起こされ
ます。
上の写真に見られるように、最近は文系理系を問わず、ICT関連のツール
を使いこなすことが教員にとっても必須となってきました。
また一方的な受け身の授業ではなく、グループで考えたり教え合ったり
というアクティブラーニングを取りいれる授業スタイルも、もはや日常
の風景になりつつあります。
福力

クラブ通信春季特別号

2017年06月2日

  

 

クラブ通信春季特別号が発刊されました。
この春、さまざまな場所で文化部・運動部が活躍している様子が
誌面にあふれています。
個人・団体ともに学校の名前を背負って活躍してくれていること
に感謝します。特に3年生は最後の試合・発表だったクラブもあり、
これまでの練習を振り返って感慨も一入だったと思います。
これからも後輩への声かけをよろしくお願いします。また2年生は
その歴史を引き継いでいってください。
そしてこれから最後の本番を迎えるクラブのみんなには、練習の成
果が出るよう祈っています。
福力

Bitcoin Pizza Day

2017年05月27日

今週の月曜日、5月22日は「ビットコインピザday」と呼ばれる記念日だっ
たのをご存じでしょうか。
私もポッドキャスト(「Bilingual News」5.25日放送分)で聞いて知ったの
ですが、この記念日は7年前の2010年5月22日に、初めてビットコインを使
ってモノが購入された日を記念したもののようです。
ただし正確には、ビットコインを使って直接お店からモノを買ったという
ことではなく、あるプログラマーが10,000ビットコインとピザ2枚を交換
しないかとネット上で呼びかけたところ、オンラインユーザーがこれに応じ、
お店にピザをオーダーしたということが事実のようです。
驚くのは、この10,000ビットコインの現在の価値です。2010年当時、ピザ
2枚と交換されたことからもわかるように、10,000ビットコインの価値は、
4,500円でした。ところが今は、なんと23億4,400万円になっているそうで
す。そして現在、マイクロソフトやサブウェイなど、多数のお店がビットコ
インを貨幣として受け入れているようです。東京でもビットコインで支払い
可能な飲食店が多数存在しています。
時代は私たちの想像以上の速さで変わっているのかも知れません。
福力

Copyright © 2020 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.