ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

青雲・凌雲

意外なこと2つ

2019年06月12日

最近知った意外な事を2つ、ご紹介したいと思います。
一つ目は、日本の国際競争力について。平成の約30年間で競争力はどうなったか。
競争力をどのような指標で計るかなのですが、ここでは国際収支、つまりどれだ
け日本が世界に輸出し、また逆に輸入し、その収支はどうだったのかで見てみま
す。
まず輸出額(平成30年度)は、81兆円で過去最高でした。ちなみに平成元年度の
輸出額は37兆円。ではここから輸入額を引いた差し引きの利益(国では経常収支
と言います)はどうなのか。ちなみに平成元年は9兆円だったのですが、昨年度は
19兆円で、元年に比べて約2.2倍になっています。
つまり、国際収支で見る限り、日本の国際競争力は落ちているどころか、上昇して
いて、過去最高であると言えるのです。この数字を取りあげ、イメージで物事を判
断する危険を指摘されていたのが、日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介氏でした。
(※NHKマイBiz! 5/29放送分)
ただ藻谷氏は、国民がその利益を実感できていないのは、その利益がきちんと分配
されていないという問題だ、とも指摘されていました。

二つ目の意外な事。つい先頃、来日された米国のトランプ大統領。彼は一切アルコー
ル類を飲まない、という事。なので六本木の炉端焼き店でも、ソフトドリンクで食事
を楽しまれたとの由。
(※「トランプ氏と同じ幸福感味わった」 野原大輔 毎日新聞5/28)
失礼ながら、じゃんじゃんビールを飲んで、さらにバーボンを飲んでというイメージ
だったので、この記事、私はとても意外でした。
絶好調の日本の国際競争力と、実はお酒を飲まないトランプ氏。皆さんはどちらが意
外だったでしょうか。
福力

教育実習最終日

2019年06月5日

 

 

 

約3週間にわたった教育実習が本日最終日を迎えました。
一昨日あたりから、実習生の研究授業が目白押し。会議の間をぬってそれぞれ短時間では
ありましたが、実習生の授業を見学することができました。
本校の先生にならってICT機器を駆使したり、アクティブラーニングの手法を取りいれたり
工夫の跡が垣間見え、頑張ったなあと感心することしきり。まだ記憶に新しい卒業生なの
で、高校生の頃と比べて、随分とその姿に成長を感じました。
授業の形はさまざまに変化してきていますが、やはり基本は「先生の声」。まずは教室の
すみずみまで明瞭に聞こえることが基本ですよ、とアドバイスしました。今回の経験を糧
にますます成長してくれることを期待しています。
福力

話題の本

2019年05月25日

  

 

千代田区立麹町中学校校長の工藤先生が書かれた話題の本を読みました。
勉強になること、なるほどと思うところが沢山あり、本のページの上には、たちまち多く
の付箋がつきました。
工藤先生がこの本で一貫して述べられているのは、「学校は何のためにあるのか」という
問いで、先生のこれに対する答えは「生徒を社会の中で自律した存在に育てるため」とい
う明確なものです。それゆえ、その目的に沿って、「これまでやってきたから」という理
由だけで行われてきた学校のさまざまな制度やしくみを見直すということなのです。
他の組織はどうかわからないのですが、学校という組織は、とかく「前年度踏襲」が行わ
れがちなところが否定できません。しかし、そこであえて「○○は何のため?」と問い、本
来の目的にあわせて制度を修正したり、場合によっては廃止したりすべきだと工藤先生は
おっしゃっておられます。
教員が、手をかけすぎて子どもたちの自律をかえって阻害してしまうおそれがあるという
指摘もありました。例えば、生徒同士のトラブルをどう解決していくかということについ
ての、次のような指摘です。

 

「教員の多くは、早期に、表面的に、仲直りをさせようとしがちです。結果として、子ども
 は対立を自力で解決する力を失い、対立が起きたときに「誰かが何とかしてくれる」と考
 えるようになってしまいます。さらには、問題を解決できないときに、「環境が悪い」
 「周りが悪い」などと誰かのせいにしようとするようになってしまうのではないでしょう
 か。」    (第2章「手段の目的化」 4 トラブルを学びに変える  81ページ)

 

他にもここで挙げたい内容が多々あるのですがきりがないので、ぜひお手にとって読んで見
てください。教員にとっても保護者にとってもとても有益な本です。工藤先生が民間人校長
ではなく、長年、教育現場や教育行政に身を置かれていた人であるというところにも共感を
覚えました。
福力

 

中間考査3日前

2019年05月20日

  

 

 

 

 

 

 

 

 

中間考査3日前になりました。
先週末から自習室は満員御礼が続き、職員室前も昼休み・放課後とも、たくさんの
生徒で賑わっています。1年生にとっては、中学生高校生ともに、初めての定期考査
になります。科目が急に増えたことにとまどいがあるかも知れません。
不安を解消するには、コツコツ勉強するのが1番なのですが、わからない所や勉強の
仕方については、どんどん先生に質問してみてください。この初めての経験をうまく
乗り切ってくれることを願っています。
福力

『友情について』

2019年05月17日

         

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな本を読んでいて、数年に一度くらいの割合で思わず「あっ」と声を出してしまう
本に出会います。佐藤優さんの新刊本『友情について』が、まさにその本でした。
本の表紙にあるように、これは佐藤さんの高校時代の親友、豊島昭彦さんがステージ4の
膵臓がんになっていることを知り、彼の半生を自分の半生と重ねながら綴った本です。
読み始めてすぐその予感はあったのですが、19ページに入ったところで、思わず「あっ」
と声をあげてしまいました。
なぜかというと、春休みに滋賀県北部の須賀谷温泉のホテルに宿泊した際、この豊島昭彦
さんが書いた『湖北残照 戦国武将と浅井姉妹』という本をロビーで見つけて購入し、読ん
で知っていたからなのです。どこか記憶の片隅に「豊島昭彦」という名前があったのかも
知れません。はからずも豊島昭彦さんのその後の人生に出会った気がして、思わず声を出し
てしまいました。
佐藤さんから「君の半生を本にしよう」と提案された時、当初豊島さんは、「僕はたいした
人生を送っていない。大学を卒業して一般企業に入社し、結婚して子どもが2人できて、2
度の転職をしたけれどごく普通のサラリーマン生活を送ってきたに過ぎない。」と固辞しま
す。しかし、佐藤さんはその豊島さんの人生の中に普遍性を見いだし、すぐれたドキュメン
タリーに仕上げています。
豊島さんは一橋大学を卒業して、日本債権信用銀行に就職しています。いわゆるエリートコ
ースです。ところが、バブル崩壊の中、日債銀は破綻、やがてゆうちょ銀行への転職を余儀
なくされます。しかしそこでも苦悩が待っていました。
同じ時代を生きてきた者として、リアルにあの頃の時代の雰囲気が蘇ってきた感じがしまし
た。しかし、友情というのは、40年近いブランクがあっても朽ちないものなのですねぇ。
本書を読んで、そのことに一番感銘を受けました。
福力

大学入試改革4

2019年05月9日

新刊の『教育激変』(中公新書ラクレ)を手がかりに、ここまで大学入試改革について、
主にプレテストを中心に見てきました。
池上彰氏、佐藤優氏、そして安西祐一郎氏は、細かい点で意見の個人差はあるものの、プ
レテストの内容を高く評価し、たとえ正答率が極端に低くとも、試験内容をこれ以上易化、
あるいは妥協すべきではないという考えです。

しかし、大学入学共通テストは、50万人以上が受験するテストだと考えた場合、この意見
は、かなり極端ではないでしょうか。(池上氏、佐藤氏ともに、自分たちの考えは異端だ
と本書の中で述べられてますが)
やはりテストの評価は、その中身だけではなく、実施可能性はもとより、その試験によっ
てどれだけ受験生を選別することができるか、つまり順位づけできるか、また公平な採点
は可能かなど、現実に即した技術的な観点を考慮すべきであることは言うまでもありませ
ん。
しかし今回の大学入試改革は、英語4技能の重視などに見られるように、「理念先行」で
推し進められてきたことが否定できないと思います。その結果、現実に実施してみて、さ
まざまな壁にぶつかっているという感じがします。
現実にこのテストを受ける高校生は、もう2年生になりました。もはや議論をしている時
間はありません。1日も早く現実的なプランを提示し、受験生が安心してその対策にとり
くめるように願いたいと思います。
福力

※先月、現実より理念先行で大学改革が迷走しているという、以下の新聞記事を読みまし
 た。ご参考まで。
 「政府主導の大学改革迷走 根深い演繹型思考、背景に」(日本経済新聞2019.4.1)

大学入試改革3

2019年05月7日

前回、池上さんと佐藤さんが、大学入学共通プレテストの内容を高評価されていることを、
またプレテストの結果が悪いのは、現在の教育が新しい改革に追いついていないからとま
で評されていることもご紹介しました。
これとほぼ同じ意見を持っておられるのが、中央教育審議会前会長の安西祐一郎氏です。


「文部科学省や大学入試センターは、入試として適切な問題を出そうとしていると思う。た
 だ、正答率が低いのであれば、それは問題が不適切だからではなく教育改革が進んでいな
 いからだ。試行調査の正答率が低すぎたからといって、問題量を減らして易しくするのは
 本末転倒ではないか。私は、受験生のほとんどが0点であっても問題を変えず、解けるよう
 になるよう、授業を変えることを目指すべきだと思う。」
                     (変わる大学入試2020 朝日新聞2019.4.5)


安西氏は、東京大学の英語民間試験への消極的な態度も、激しく批判しています。少し長くな
りますが、その批判を以下にご紹介します。


「世界に通用しないローカル大学としての東大を表現する最高(あるいは最低)のものが、現
在の東大入試、特に英語科目なのだ。 その意味で、五神学長に提出された答申は、わが国の未
来を創り出す責任を背負った東大の今後あるべき姿とかけ離れた、見識を疑う内容の答申と言
わざるを得ない。一読して、答申を書いた人たちは英語ができないに違いないと思った。」

「東大は、明治以来、わが国を牽引してきた大学として、入学者選抜の方法(特に英語)を時
代遅れの国内ローカルではない、世界に通用する方法に改めなければならない。その絶好の機
会が巡ってきているのに、答申はこの点をまったく理解していない。国民にとって本当に必要
な東京大学は、時代の変化を乗り越えてこれからの日本を創り出すリーダーとしての東京大学
であって、現在の東大入試、特に英語の入試は、それにまったく逆行した、昔の日本のための
入試だ。」

「もし答申が通って英語入試が矮小化されるのなら、東大は時代の牽引者として国民が負託す
べき大学に値しない。そうであれば東大に多額の税金を注入する必要はない。」
                      (読売教育ネットワーク 異見交論 vol.55)

記述式の共通テストは評価されるべき内容で、たとえ受験生の正答率が1割に満たなくとも強行
すべきなのか、いやそのような問題は不適切だととらえるべきなのか。そもそも高大接続改革、
なかでも特に大学入学共通テストが、ここまで迷走を続けるのは何故なのか。次回は私の意見を
少し述べてみたいと思います。
福力

 

大学入試改革2

2019年04月27日

さて、池上さんと佐藤さんは、新しい大学入学共通テスト(正確にはプレテスト)を、
どのように評価されているでしょうか。さっそくお二人のコメントを本書からひらっ
てみます。

池上「非常によくできている。国語に関しては、画期的と評してもいいくらい」
  「(2017年5月に公表された国語のプレテストは)、文字通り生きた教材」

佐藤「結論を言えば、全体としてはいい問題だというのが、私の評価」
  「一回目のプレテストの数学と現代社会を解いてみた結果、非常にいいと感じた」
                    ※文章は少し修正をしています。

上のように、2人の新テスト(正確にはプレテスト)に対する評価は、「絶賛」と言っ
てよいほど、かなり高いものとなっています。しかし、このプレテストに対するメディ
アでの評価は、実はさんざんでした。なぜかというとそれはこのプレテストの結果が、
あまり芳しくなかったからです。
国語の記述式問題のうち、最も長い文章を書かせる問題の正答率は、わずか0.7%。数学
でも、出題された記述式の問題の正答率は、3問ともすべて1割未満にとどまったのです。
この結果について、2人はどうコメントされているでしょう。以下に挙げてみます。

 

池上「国語の記述式が難問だったと言うけれど、日ごろから新聞を読んでいるような
   小学六年生ならば、丁寧に考えていけば解ける問題」
佐藤「良問が解けないのは、それに対応する学力が、中学・高校で育まれていないと
   いうことです」

プレテストの内容が問題なのではない、新しい問題に対処する教育がまだ行われていない
のが問題なのだ、というのがお二人の共通したコメントのようです。
福力

大学入試改革1

2019年04月23日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池上彰さんと佐藤優さんが、教育改革について対談した本を読みました。内容がコンパ
クトにまとまっていてわかりやすい。さすが池上さんです。
時間がない人は、第2章「是か非か?2020年教育改革」だけを読んでもいいと思います。
例えば、現在の大学入試改革が始まる前史を、わずか5ページにまとめてあるのですが、
これがとてもわかりやすい。ポイントを挙げると、

・連合赤軍が「共通一次」を生んだ
・旧国立二期校に難問奇問が多かった訳
・共通一次試験と大学の序列化
・共通一次試験とセンター試験の違いとは?

タイトルのつけ方が上手いというか、ついつい読みたくなってしまうところが池上さんら
しい。そしてなおかつ流れが理解しやすい。われわれ教育関係者も学ばなければいけない
ところです。
そして、何よりもこの2人の議論がすばらしいのは、きちんと論ずる対象の試験を自分で
解いていることがわかるということです。世にあまたある教育論議の本では、センター試
験を自分で解いてもいないのに、「今のセンター試験は、すべてマークしか答えがないか
らダメだ」というような断定が、よく見かけられるのです。
本書では、最後に大学入試センター理事長の山本廣基氏と2人の鼎談が掲載されているの
ですが、山本氏が次のような興味深いエピソードを明らかにされています。

「さらに少し残念だったのは、一度、教育再生実行会議のメンバーに大学入試センターを
 視察してもらったことがあるんですよ。その時、過去の問題をハードカバーをつけた冊
 子にして机の上に置いておいたのだけれど、いろいろ説明する間、誰もそれを開こうと
 しないのです。」(本書208ページ)

エビデンス(証拠)に基づかない議論は、無益どころか有害でさえあり得るということだ
と思います。
それでは、この2人は今の新しい大学入学共通テストを、どのように評価されているので
しょうか。次回、それについてまとめてみます。
福力

 

 

 

 

 

 

新年度スタート

2019年04月9日

 

 

先週、高槻現代劇場での入学式を終えました。遅くなりましたが、多数の来賓、保護者の皆さまに出席いただきました事、
心よりお礼申し上げます。
そして昨日、体育館に全学年が集合しての始業式を終え、いよいよ新年度がスタートしました。
校内の桜は、上の写真にありますように、よく見るとまだ蕾もあるのですが、ほぼ満開の状態で新入生を迎えることがで
きました。ここ近年ではめずらしく、新入生が入学してから桜が満開の時を迎えようとしています。

何もかもが新しい新学期。まもなく元号も平成から令和に変わろうとしています。
福力

Copyright © 2019 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.