ページ内を移動するためのリンクです。

青雲・凌雲

本の日②

更新日:2018年11月02日

東京にある小さな書店、幸福書房のことを知ったのは、NHKのラジオ深夜便がきっかけ
でした。その放送で、店主の岩楯幸雄さんは、「昔は雑誌や本が飛ぶように売れたけれ
ど、今は電車の中でも本を読む人は少なくなった」と述懐されてました。
10年ほど前に、元日のみ休むことにしたそうですが、ほぼ1年間無休の書店は、待ち合わ
せの場所になったり、幼い子どもたちが学校帰りに立ち寄る場所でもあったようです。
特に、春から1年生になった子どもは、学校でトイレを我慢して、店に駆け込むようにや
ってきて店のトイレを借りる、ということもよくあったとか。岩楯さんいわく、「1年生
はストレスが特に多いと感じた」
店を閉めるということを公表してからは、多くの人から「なぜ?」「続けてほしい」と
いう疑問、要望が殺到。中には、「資金を出すから続けて」とか、クラウドファンディン
グを立ち上げようという声もあったようです。
この本屋さんのファンの1人でもある有名人が、作家の林真理子さん。林さんの秘書がお客
さんだったことがきっかけで、いつしかこのお店で買った林さんの本は、著書のサインが
もらえることになり、関西からもお客さんが来ていたとのこと。
岩楯さんは、この40年間の歩みを、『幸福書房の40年 ピカピカの本屋でなくっちゃ!』
という本にまとめられたのですが、閉店までの最後の5日間で、この本は2千冊が売れたよう
です。最後の営業の日には、駆け付けた常連のお客さんが、在庫の商品がほぼなくなる中、
「なんでもいい、何か買わせてほしい」とレジに行列ができました。
街中から、今、小さな本屋さんがどんどん消えていってますが、こんな幸せな本屋さんもあ
ったのですねー。
福力

本の日①

更新日:2018年11月01日

11月1日は、誰が決めたのかわかりませんが、本の日。多分、1の数字が並んでいるのを、
本棚の本に見立てたのでしょう。じゃあ11月11日でもいいんじゃない?と思われる方も
おられると思います。でも、この日はすでにポッキーをはじめ、かなり多くの記念日に
なっているのです。おそらくそれで、まだ記念日に指定されていることが少ない1日にな
ったものと思われます。
さて、そこで本にちなんだ今日のブログ。話題は、今年2月に、惜しまれながら閉店した
東京の小さな「幸福書房」という本屋さんの話です。
本屋さんがある(あった)のは、東京の小田急線の代々木上原の駅前。広さ20坪という
小さな店だったようですが、東京だけではなく、全国にファンがいたそうです。
店は朝8:00から夜11:00まで、365日年中無休。40年間の長きにわたって営業を続けてき
ました。しかし、悲しき世の流れ、最後の10年間は、だんだんと本が売れなくなって、
特に最後の5年間は、店主はガソリン代も惜しんで、家から店まで自転車で通っていたと
いいます。その店主の名前は、岩楯幸雄さん。
この店の変遷を見ると、まるで本をめぐる世の流れを見るようです。全盛期(20年ほど前)
には、1日の売り上げが50万円ほどにもなったといいます。しかし最後の5年間は、一緒に
店を切り盛りしてきた弟さんと、それぞれの手取りが20万円。それぞれの奥さんも手伝っ
ていたので、1人あたりにすると、給与は1人10万円。これが毎日朝8:00から夜11:00まで働
いの給与とすると、本当にやるせないものがあったと思います。次回に続きます。
福力

Google②

更新日:2018年10月19日

前回に続いて再びGoogleの話題です。
昨日の朝日新聞(2018.10.18朝刊)に、グーグル社内で密かに進行している「ドラゴン
フライ」プロジェクトのことが取りあげられていました。
この「ドラゴンフライ」とは、ずばり中国向けの検索エンジン開発のプロジェクトです。
グーグルは、ご存じのように2010年、中国での検索事業から撤退しました。
中国では、検索で使う言葉が一部、厳しく制限されていて、自由な検索を行うことができ
ないから、というのがその理由でした。その結果、現在の中国では、グーグルを検索エン
ジンとして使用することは事実上不可能になっています。その代わりに百度(バイドウ)
等がメジャーな検索エンジンとなっているのです。(※この検索エンジンで、例えば
「天安門事件」と打っても、正確な内容のページに到達することはできないようです。)
この中国政府の海外ネットワークへのアクセス制限をGreat fire Wallなどと呼びます。現
代版「万里の長城」といったところでしょうか。
しかし、14億ともいわれる中国市場から閉め出されるのは、やはりグーグルには痛かった
のでしょう。「中国政府の求めに沿って「人権」「ノーベル賞」といった検索語を禁じる
検索エンジン」(同記事)を開発して、再度、中国市場に参入しようというプロジェクト
が秘密裏に進められていたのです。
グーグルはこれまでの「言論の自由」という原則を捨てて、中国市場への再参入を目指す
のでしょうか。もしそうなれば、これまでにない大きな方向転換となります。
福力


Google①

更新日:2018年10月18日

今朝のニュースを見て、一瞬、驚かれた人も多かったのではないでしょうか。実は私
もその一人なんですが。そのニュースのタイトルが、これです。


「グーグル、アプリ有料化」(日本経済新聞 10/18朝刊)


よく読むと、「欧州域内で売るスマートフォンについて」という限定がついていて、
「ほっと」させられたのですが、今や日常茶飯事といってよいほど、Gmailやグーグル
マップ、そしてYou tubeを使っていて、しかもそれが「無料」であることを前提と考え
ている身からすると、それが突然「有料化」するのかと驚かされた訳です。
記事にある通り、最近、EUはグーグルをはじめとするグローバルな経済活動を行ってい
る巨大IT企業に対して強行な態度を示しつつあります。その根底には、これらの巨大企業
が公正な競争を阻害しているのではないか、あるいは巨大な利益にともなうはずの妥当な
税を支払っていないのではないかという疑問があるのです。
今回、EUがグーグルに対して指示した制裁金は、なんと4千万ユーロ(日本円で約5,641億
円)。この巨額な罰金に対して、グーグルがその対抗手段としてとった対応策がアプリの
有料化というわけです。
しかし日経の記事にあるように、このような制裁がEUが主張するような競争を促進するか
については、現実的にはかなりの疑問符がともないます。なぜなら「検索ソフトは性能で
グーグルが圧倒的な優位にあり、IT業界では「いまさら競う意味がない」のが共通認識と
なっている」(同記事)からです。
この争いをめぐる裁定が出るのは29日以降になりそうですが、このニュースは、巨大IT企
業に対抗するのは、もはや国家レベルでも困難になってきているという事実を私たちにつ
きつけているように思います。
福力

ラッピング広告

更新日:2018年10月17日

 

 

先月から、本校スクールバスのバックにラッピング広告が掲載されています。
ラッピング広告は2種類あって、1つは校地移転を、もう1つは入試説明会の
日程をお知らせしています。
どちらも学校のスクールバスなので、ラッピング広告の作成料以外にはお金が
かからないところが効率的なところです。(笑)
できるだけ、たくさんの人の目にとまってほしいと願っています。
福力

  • 教育方針
  • キャンパス
  • スクールライフ
  • 生徒募集
  • 進路について
  • 青雲・凌雲
    • 年間スケジュール
    • 臨時休校の条件
    • 教員採用
  • お電話でのお問い合せ