ページ内を移動するためのリンクです。

青雲・凌雲

英語の民間試験導入をめぐって

更新日:2018年10月03日

大学共通テスト(2021年1月実施)で導入されることが決まった英語民間試験の扱いに
ついて、導入するのかしないのかで揺れていた東京大学の基本方針が決まったようです。
読売新聞(2018.9.26)によりますと、東大は先月の25日、英語の民間試験について、
「入試の出願資格として成績を活用するものの、提出を必須としない」(同記事)とい
う基本方針を決めたとの事。
少し詳しく記事を引用しますと、「英語力を6段階で評価する国際標準規格「CEFR」で
下から2番目にあたる「A2」(実用英語技能検定の場合、準2級程度)以上を出願資
格」とするものの、「民間試験は必須とせず、高校教員が調査書で同様の英語力を認めた
場合なども出願できる」(同記事)としています。これは事実上、「外部試験は受けなく
てよい」と言っているのに等しい内容です。
英語の民間試験導入については、従来から①異なる民間試験の比較に「CEFR」を使うこ
と自体が疑問、②民間試験を受ける機会が少ない地方の高校生や、経済的要因から複数回
受験することが可能な生徒とそうでない生徒との格差が問題等、さまざまな疑問があがっ
ていました。
それらの懸念等を考慮したと考えると、東大の基本方針は妥当なものと思いますが、この
基本方針は、今年3月に国大協が発表したガイドラインに明らかに反しています。他の大学
にも大きな影響を与えると思われる東大の基本方針、今後の行方が注視されるところです。
福力

祝 ノーベル医学生理学賞受賞

更新日:2018年10月02日

京都大学の本庶佑特別教授がノーベル医学生理学賞を受賞。久しぶりに手放しで喜
べるニュースです。これで日本人の医学生理学賞は5人目になります。自分が特に
努力したわけでもないのに、やはり誇らしいものですね。
今日の朝日新聞(2018.10.2朝刊)によると、この研究のキーポイントになっている
PD-1というT細胞は、当初、アポトーシスの研究をしている過程で見つかったとい
うことです。ということは、最初はこのT細胞が、細胞死を引き起こすと思われてい
たのでしょうか。PD-1のPはProgrammed(プログラムされた)、DはDeath(死)
の頭文字だそうです。しかし、名前に反して「何度実験しても、細胞は死ななかった」
(同上記事)。
実は、このT細胞は、細胞死を引き起こす免疫細胞ではなく、むしろその逆に免疫機
能を抑制する働きに関わるものだったというわけです。
従来のがん研究では、この本来、人間が持っている免疫機能を活性化させることが
長らく追求されてきました。有名な「丸山ワクチン」もその1つ。
しかし、「体を守る免疫を強めてがんを倒すのではなく、がんが身を守る仕組みを突き
止め、これを逆手に取って治療につなげる戦略を実現」(2018.10.2日本経済新聞)し
たのが、今回の研究だということです。
免疫機能は人間にとって大切な機能ではあるけど、際限なく働きつづけると、やがて自
分にとって必要な細胞まで攻撃してしまうから、そこにはちゃんとブレーキが働くシス
テムが、本来備えてあります。がん細胞が、その機能を利用して自らの身を守ろうとし
ている「しくみ」を解明したのが、今回の研究の肝ということになるでしょうか。
しかし「がん細胞」ももう少し賢かったら、そのブレーキを悪用して、自らの増殖が暴
走すれば、やがて寄生している本体が崩壊してしまうとわかるはずなのに、と素人の私
は考えてしまいます。
ともかく本来はプラスに作用するはずの機能が、時には必ずしもプラスどころかマイナ
スに作用してしまうというところが、生命現象の興味深いところです。生命現象とは、
本当に複雑で神秘的なものだなぁと、改めて考えさせられました。
福力

青凌トライアルⅡ

更新日:2018年09月29日

 

 

本日、第2回目の青凌トライアルを開催いたしました。
生憎の雨でしたが、ご来場いただいた保護者・生徒の皆さんでホールは満席でした。
悪天候にもかかわらずご来校頂きました事、感謝申し上げます。
今回の体験が、今後の受験校の決定の一助となりましたら幸いです。
本日はありがとうございました。
福力

Jacinda Ardern(current Prime Minister of New Zealand)

更新日:2018年09月27日

 

 

「NZ首相、3カ月の娘と国連へ」、昨日の朝日新聞の記事(2018.9.26)です。
6週間の産休を首相がとったこともニュースになりましたが、今回の記事は、国連で
の会合にアーダーン首相が「子連れ出席」したことをとりあげたものでした。
今から10年以上前になりますが、本校の国際コースの生徒たちが短期留学(3カ月
~6カ月)でお世話になっているニュージーランドの複数の高等学校を訪問した際、そ
の半数を超える学校の校長先生が女性であったことを思い出しました。その1人の校
長先生は、昼休みでティータイムをとっているスタッフルームに私を案内して紹介し
てくださった後、いきなり「どうぞショートスピーチを」と言われて、緊張しながら
即興のスピーチをしたことは、懐かしい思い出です。
NZのメディアは、「首相の娘が世界のメディアの見出しになった」と好意的に報じ
ている(同記事)とのこと。さもありなん、という感じがします。
福力

高齢化社会

更新日:2018年09月25日

先日、厚生労働省から発表された日本における100歳以上の人口数。ニュースを聞かれ
た方はもうご存じでしょうが、その答えは次のうちのどれでしょうか?

 

①約7百人
②約7千人
③約7万人

 

正解は③の約7万人。正確には、「老人の日」の15日時点で6万9785人となります。こ
のニュースを聞いて、驚かれた人も多かったのではないでしょうか。さらにその約7万
人のうちの88%、6万1454人が女性です。
日本経済新聞電子版(2018.9.14)によると、「100歳以上の高齢者は国が表彰制度を始
めた1963年は153人だったが、98年に1万人を突破。年間3千人ペースで増加を続けて
いる」とのことでした。年間3千人!私たちの予想以上のスピードで高齢化は進んでい
るようです。
最近読んだ本(「医者が教える食事術」ダイヤモンド社)には、長生きできるかどうか
は、持って生まれた体質よりも、「食事をはじめとした生活習慣」が大いに関与してい
るとありました。その本からの孫引きになって恐縮ですが、アメリカの「ナショナル・
ジオグラフィック」誌の記者であるダン・ビュイト氏が、長寿者の多い地域をレポート
し、世界中で以下の4つの地域を挙げておられるそうです。

 

・イタリアのサルディーニャ島中部
・日本の沖縄北部
・アメリカのカリフォルニア州ロマリンダ
・コスタリカのニコジャ半島

 

先の日経新聞の記事には、都道府県別の100歳以上の人口ベスト10が挙げられているの
ですが、そこに沖縄県は見当たりません。実は、沖縄県では、北部が「ゴーヤを日常的
に摂取するなど昔ながらの食生活を維持」(「医者が教える食事術」)しているのに対
し、南部はアメリカの「ファストフードやランチョンミートを多食し、肥満者が増え、
心臓疾患で早死にする人が日本で最も多く」(同上記本)なっているとのことです。
この沖縄県での状況は、日本全体にもあてはまると思われ、そう考えると、今後も長寿
の人が右肩上がりで増えていくとは言えないかも知れません。
福力

  • 教育方針
  • キャンパス
  • スクールライフ
  • 生徒募集
  • 進路について
  • 青雲・凌雲
    • 年間スケジュール
    • 臨時休校の条件
    • 教員採用
  • お電話でのお問い合せ