ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

青雲・凌雲

新型コロナウィルス③

2020年04月6日

今回の新型コロナウィルスによって引き起こされる症状(鼻水、咳など)の中で、鼻水
に含まれるウィルスの量が顕著に多いということが医学系ジャーナルに発表されている
そうです。
つまり感染した人がくしゃみをしたり、おしゃべりすることで唾液を含んだ飛沫が空気
中に出て、感染につながります。またこれはよく言われることですが、ウィルスがつい
た手でドアノブや電車内のつり革、サラダやパンをはさむトング、スポーツジムではウィ
ンドミルの取っ手やバーベルをさわることでウィルスが付着し、その手で口や目をさわる
ことで感染してしまいます。感染のキーワードは「飛沫感染」と「接触感染」です。そし
てウィルス量が多いので、普通の風邪よりも感染しやすいということのようです。やはり
手洗いは大事ですね。

さて今回のウィルス感染、この先はどうなるのでしょうか。そこについて前出の峰研究員
は、「収束を定義するのはむずかしくなるだろう」と予想しています。
今、各国政府が行っている行動制限は、流行のピークを下げ、流行の波の高さ(ピーク)を
なるべく低くするということが目的です。ただそうなると、頭の中でゆるやかに曲線が上が
っていってゆるやかに下がっていくグラフ(なだらかで長い曲線)を想像するとわかるよう
に、収束するまでに相当の時間がかかるということなのです。
イメージでいうと、2009年に発生した新型インフルエンザの収束に近いようです。つまりあ
る程度感染が広まり、それに対するワクチンができるまでに社会が受容する環境がととのっ
てくる、というプロセスです。短期間での収束はどうも難しいようです。

加えて2009年との大きな違いは、最初に挙げた中国の国力伸長以外に、SNSが広く世の中で
使われるようになったことが挙げられます。WHOはパンデミックという言葉とともに、イン
フォデミックという言葉を使っているようです。情報が感染するように広がっていって、その
中には流言やデマも発生するとの危惧があるようです。
「正しくおそれる」ということは、「言うは易く行うは難し」ですが、私たちはできるだけ
正確なデータに基づいた科学的な知見を選り分けて、このウィルスとの長期戦に臨む必要が
あるということでしょう。
福力

新型コロナウィルス②

2020年04月6日

前回、SARSが中国国内で封じ込めることに成功したと書きましたが、これは文字通り
で、症例が0になったということだそうです。しかしMERSは、今だに症例がぽつぽつ
あり、これに対する治療薬の治験も継続されていたようです。
つまり今回の新型コロナウィルスに対する治療薬の開発は0からではなく、これまでに
試みられてきたSARSやMERSに対する薬を、用途を変えて使用するということのようで
す。
2002年に比べて現在は遺伝子情報を読む能力が、1000倍以上にもなっていて、コンピ
ュータの処理能力の向上と相まって、今回のウィルスのたんぱく質の3次元構造解析は
すぐにできたそうです。そこで現在は、どの薬をどう改良したらこのウィルスを抑え込
めるのかという治験が、中国で始まっています。

インフルエンザやコロナウィルスの遺伝子情報は、DNAではなくRNAにかかれているよ
うで、それゆえに変異が起きやすい。私たちがインフルエンザの予防接種を受けても、
たびたびインフルエンザに罹患する理由も、そこにあります。
今回の新型コロナウィルスも何らかの理由でコロナウィルスが変異した結果、発生した
のですが、幸いなことに、このウィルスはインフルエンザよりも変異しにくく、いった
んワクチンが開発されれば、かなり有効な予防手段になることが期待されています。
(次回に続きます)

新型コロナウィルス①

2020年04月6日

「沈黙の春」、かつてレーチェル・カーソンが違う意味で使った言葉ですが、今年の
春は、まさに沈黙の春になってしまいました。学校は昨日、分散で新入生の用品渡し
を実施しました。また本日は、当初の予定では在校生登校日(クラス発表)となるは
ずだったのですが、感染者急増のため中止となりました。移転を順調に終えていただ
けに本当に残念です。生徒の皆さんも早く学校に行きたい思いが募っていることと思
います。もうしばらく我慢してください。

 

さて、世界的なパンデミックを引き起こした新型コロナウィルスですが、新聞や雑誌
あるいは他のメディアからの情報に日々接し、ようやくその正体が見えてきた気がし
ています。さまざまな玉石混合の情報の中で、私が個人的に一番勉強になったと思った
のが、堀江貴文氏のホリエモンチャンネルでの、峰宗太郎氏(米国国立衛生研究所研究員)
のインタビューでした。(※https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk)
今回はそこで語られたこのウィルスの特徴をまとめてみました。

まずこの「コロナウィルス」という名称ですが、一般的な風邪を引き起こすウィルスの
ことで、これまで全部で6種類が確認されていたそうです。そのうち4種類は、特に重篤な
疾患を引き起こすことはないそうですが、あとの2種類、重症急性呼吸器症候群(SARS)
と中東呼吸器症候群(MERS)は、今回のウィルスのように急性の呼吸器疾患を引き起こす
ウィルスとして知られています。
今回のウィルス(つまり7番目のコロナウィルス)は、正式に「サーズコロナウィルス2」
となったようで、この名称からわかるように、ウィルス表面のたんぱく質の種類がSARSに
とても似ていて、全体の遺伝子情報もSARSにとても近いということのようです。
そしてウィルスの毒性もSARSと似ており、のどや肺における親和性が高いのが特徴とのこ
と。さらに重要なのは、SARSよりも感染しやすいことです。SARSが発生確認されたのは、
2002年のことですが、翌年までに収束し、今回のように世界にパンデミックを引き起こす
ことはありませんでした。つまり、中国国内で封じ込めることに成功したのです。しかし、
今回のウィルスは、感染性が強いこと、そしてこれは推測ですが、2002年に比べて中国の
経済力がとても高くなったゆえに、中国からビジネスや観光で世界中に出国する人が多く
あっという間に現在のような状態を引き起こしたと考えられます。(次回に続きます)

引っ越し完了

2020年03月21日

  

 

今週の月曜日から、おおよそ3日間をかけて学校の引っ越しが行われました。
教職員としても初めての経験。しかし事前の準備や段取りをかなり綿密に行ったこともあ
って、ほぼ無事に完了しました。
本日は快晴。真新しい校舎が目に眩しいくらいです。生徒の皆さんは新型コロナウィルス
感染症予防のために登校できない日々が続いて、早く学校に行きたいという気持ちがある
かと思いますが、新年度のスタートまであと少しです。体調を整え、新年度の準備をして
おいてください。
福力     

中学第33期生卒業式

2020年03月10日

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナウィルス感染症で一時は式の開催が危ぶまれましたが、なんとか本日、
第33期生の中学卒業式を行うことができました。
朝から暖かい雨が降る生憎の天候でしたが、卒業生と保護者の皆さんに参列
いただき厳粛な式が行えたこと、感謝いたします。
実はこれが現校舎で行う最後の式典でした。
当日の式辞を以下に挙げさせていただきます。

中学卒業式 式辞
 4月が近づくとともに、日に日に暖かい気候となりました。校内の桜のつぼみ
も一段とふくらみ、季節はめぐって春が近づいてきています。
 本日、ここに大阪青凌中学校第33回卒業式を挙行するにあたり、多数の保護
者の皆さまにご臨席をいただき、このように厳粛に執り行えますこと、教職員一
同、心よりお礼申し上げます。また今日の佳き日、保護者の皆さま、ご家族の皆
さまには、お喜びもひとしおのことと拝察申し上げます。誠におめでとうござい
ます。
 さて、大阪青凌中学校第33期生の皆さん、卒業おめでとう。入学してからは
や3年が経とうとしています。入学した頃と比べて、本当に皆さんは大きく成長
しました。
 覚えていますか?1年生の時は、教室の後ろでボールをなげては、よく叱られ
ていました。そして2年生の夏には、教室で幼虫からさなぎをへて成虫となった
カブトムシに興奮していました。最初は男子を中心に皆で世話をしていたのに、
気がつくと、なぜか清水先生が1人で世話をしていました。
 また皆が力を合わせた合唱コンクール。2年生の時には円陣を組んで本選に臨
み、見事に最優秀賞。今年も昨年に続き、連続で最優秀でしたね。男子も女子も
よく声が出ていて、皆、歌が好きなんだなという気持ちが合唱を通して伝わって
きていました。
 最も印象に残っているのが、やはり3年生の時に青凌祭で披露された「えんと
つ町のプペル」のお芝居です。前年度の3年生が高校生をおさえて最優秀に輝い
たというプレッシャーは、先生も生徒も相当のものだったと思います。しかし現
代劇場という大舞台でのそれぞれの演技は、皆、堂々としていて本当にすばらし
いものでした。そして舞台を彩っていたのが大きな絵本。約1カ月をかけて制作
されたと聞いています。8月末には「もう間に合わない、みんなで舞台であやま
りましょう」という声もあったようですが、平林先生も動員しての突貫の大仕事
で、なんとか当日に舞台を飾ることができました。
 審査の結果、残念ながら優勝を勝ち取ることはできませんでしたが、皆さんの
達成感は大きかったのではないでしょうか。一生の思い出に残る舞台になったと
思います。
 振り返ってみると、このようなさまざまな行事やイベントを通して、皆さんは
「ひとつ上の自分」へと確実に成長し、クラスのきずなは強まり、そして深くな
っていったことと思います。
 さて、来月になれば、皆さんはもう高校生。そしてこのタイミングで、大阪青
凌は校地を島本町に移転します。校地が移転するというのは、先生にとっても生
徒にとってもなかなか希なことです。心機一転、皆さんが何かを始めるには絶好
の機会と言っても良いでしょう。4月から始まる高校生活で、皆さんには、どの
ような事を心がけてほしいかを、お話ししておきたいと思います。
 少し気の早い話ですが、2020年度から、大学センター試験が大学入学共通テス
トへと変わることは知っているでしょうか。1990年から実施され、30年余り続い
てきたセンター試験ですが、来年度から名称を変更し、大きくその中身が変わろう
としています。その変化の中で、重視される1つが「読解力」です。
通常、読解力と言えば、文章を読んでその大意を読み取ったり、理解したりするこ
とです。もちろんそれが大事な力であることは、これからも変わらないのですが、
新しい大学入試で問われるのは、それだけではありません。文字で書かれたものだ
けではなく、グラフや資料、時には写真などから情報を読み取り理解する、場合に
よってはそれらの真偽(ほんとうかウソか)を判断する。そんな力を総称して「読
解力」と呼んでいるのです。
 それではなぜこのような力が重視されるようになったのでしょうか。理由の1つ
はインターネットです。今や皆さんが日々受け取る情報は膨大です。しかも情報の
元は新聞や雑誌のように書かれたテキストだけではありません。しかしそうなると、
必ずしも情報の発信元が信頼できるところばかりとは言えないのです。だからこそ、
新しい意味での読解力が必要とされているのです。
 読解力が必要なもう一つの理由、それはAI人工知能の発達です。AIがこれまでの
コンピュータと違う大きな点は、自分で学習するコンピュータだということです。
膨大なデータを読み取り判別することで、日進月歩でAIは学んでいきます。そのよ
うにして賢くなっていっているAIが、これまで人間にしかできなかった知的な作業
の仕事を奪っていくのでは、という恐れもでてきています。アメリカのワシントン
ポストという新聞のスポーツ欄の一部が、すでにAIによって執筆されているのは有
名な話です。
 しかしAIが学ぶのは、あくまでもパターンの学習で、文章の意味を読み取ってい
るわけではありません。そこはまだ人間にしかできない知的領域です。ところが、
本を読まなくなってきた人間が、まさにその力が衰えてきているとも言われている
のです。これではやがてAIに仕事が奪われるという心配は現実のものとなってしま
うかも知れません。
 幸い、皆さんはこの3年間で本を読んだり、文章を書いたりする習慣を身につけ
たはずです。それは高校生活、ひいてはこれからのあなたの人生で大きな武器にな
ります。高校生になっても、それらの習慣は是非大事にしてください。
 最後になりましたが、保護者の皆さまには本校の教育活動に対し、あたたかいご
支援とご協力を頂きましたこと、あらためてお礼申し上げます。本校はまもなく校
地を移転し、新しい島本の地で教育活動を行っていきます。新しい青凌にご期待い
ただくとともに、今後ともご鞭撻を賜りますよう重ねてお願い致します。
 以上、第33期生の未来に幸多からん事を願い、私の式辞といたします。       
                     令和2年3月10日  
                    大阪青凌中学校校長   福力 稔

 

高校卒業式

2020年02月22日

                

 

 

 

 

 

 

 

 

今週木曜日、穏やかな天候のもと高等学校の卒業式が行われました。
式に臨んだ卒業生の姿は凛として清々しさを感じさせるものでした。
多くの保護者の方にご参列いただき、ありがとうございました。
当日の式辞を以下に挙げさせていただきます。

 

式辞
 今年の冬は、比較的暖かい日が続いています。最近は暖かい冬の日を「小春日和」などと
単純に喜べなくなっていますが、2月になり、朝夕、長くなった日差しの明るさは、いつも
どおり、春の到来が近づいていることを私たちに感じさせてくれます。
 本日、このように多数のご来賓ならびに保護者の皆さまのご臨席を賜り、大阪青凌高等学
校第35回卒業式を挙行できますことは、私たち教職員にとりまして大きな喜びです。高い
席からではございますが、ご列席の皆さまに厚くお礼申し上げます。
 ただ今、卒業証書を授与された35期生のみなさん、あらためて卒業おめでとう。今年は、
この3年間が一人一人にとってどのような日々だったのだろうかと想像しながら、卒業証書
に皆さんの名前を書かせてもらいました。証書はいわば一枚の紙なのですが、皆さんが3年
間の学業を終えたという大切な証です。今一度、その達成感を感じてほしいと思います。
 保護者の皆さまはいかがでしょうか。子どもたちが精神的に自立していく時期にあたるこ
の3年間、多くの方が、お子様が幼いころとはまた違ったご苦労があったのではないかと思
います。声をかけてもおざなりな返事しかかえってこない、心配するといやがられる、そん
な事もたくさんあったことでしょう。それでも愛情をかけ続けてこられた日々だったのでは
ないでしょうか。
 それらを鑑み、今日、こうして卒業式を無事に迎えられたことに、重ねてお喜びを申し上
げたいと思います。

 さて、35期生の皆さん、3学期の始業式で1964年に日本で開かれたオリンピックと、今
年開催されるオリンピックを比較して、その大きな違いをお話したことを覚えているでしょ
うか。1964年の大会では、マラソンや柔道、バスケットボールやサッカーなど、多くの種目
が男子のみで競われました。それは当時、男性のみで構成されるIOCが「女性らしい」とみ
なした競技種目しか、女子の正式な競技種目として認められなかったからです。
 また1964年の大会では、開催にあわせて東海道新幹線や首都高速道路を開通させるなど、
経済発展が最優先とされましたが、今年開かれるオリンピックでは、サステナビリティ(持
続可能性)という言葉に象徴されるように、これまでになく環境が重視される大会になって
います。
 このようにオリンピックを例にしても、半世紀も経てば、世の中の価値観は大きく変わるこ
とがわかります。そして今、皆さんはその価値観が転換する分水嶺の上に立っています。日本
においては急激な高齢化や人口の減少、また世界的規模で見れば、AI人工知能の発展や地球温
暖化、グローバリズムに対する反発と分断、このような事象にともなって、これから世の中の
価値観が大きく変わるという予感を多くの人が共有しています。ただ、その未来像は、今だ明
確ではありません。それが大いなる不安に結びついているのだと思います。しかし、間違いな
く言えるのは、その価値観を変えていくのは君たちの世代だということ、そしてどんな時代に
なろうとも、「ひとつ上の自分」を目指すというマインドは必須だということです。
 答えのない問いはありません。勇気をもって、新しい時代に挑んでください。一回くらいの
失敗でくじけないでください。むしろ失敗は成長の糧だと考えてください。
「天与の花を咲かす喜び 共に咲く喜び 人見るもよし 人見ざるもよし 我は咲くなり」こ
れは近代日本のある作家が残したことばです。インターネットと密接な現代社会において、私
たちはしばしば他人の評価や世間の価値観にふりまわされがちです。しかし今述べたように、
それらは時代とともに移ろいやすいものです。そんなものに振り回されることなく、自らの可
能性を追求し、自分らしく花を咲かせてください。
 英語で卒業式はCommencementといいます。その意味は終わりではなく始まりです。何かが
終わるときは、新しい何かが始まるときなのです。大阪青凌も、来月でこの校舎を卒業します。
35期にわたって行われたこの体育館での卒業式も、実はこれが最後です。
 4月から新しく始まる皆さんの生活が、青凌での日々を忘れてしまうほどに充実したもので
あることを願っていますが、またふと高校生の日々が懐かしくなった時は、迷わず新しい島本
校舎を訪ねてきてください。そこには、皆さんを暖かく迎える先生方の笑顔が待っているはず
です。
 最後になりましたが、保護者の皆さまには本校の教育活動に対し、あたたかいご支援とご協
力を頂きましたこと、あらためてこの場を借りまして、お礼申し上げます。本校はまもなく校
地を移転しますが、今も申しましたように、新しい島本の校舎は、卒業生にとっての母校です。
 今後とも大阪青凌にご鞭撻を賜りますよう重ねてお願い致します。
 以上、第35期卒業生の前途を祝し、皆さんが健康で豊かな人生を歩まれることを祈念しま
して私の式辞といたします。

                            令和2年2月20日
                              大阪青凌高等学校
                                 校長  福力 稔

第9回中学英語スピーチコンテスト

2020年02月19日

  

 

 

 

 

 

 

第9回英語スピーチコンテストが開かれました。1年生はアラジンのスキットを、
演じてくれました。衣装や小道具にも工夫をし、身振り手振りを交え、表情も豊か
に演じていたのが印象的でした。初めての英語の演技とは思えない出来映え。なか
なか長い台詞を覚えるのは大変だったことでしょう。
2年生は代表に選ばれた7人の生徒がショートストーリーの暗唱に挑戦。全く原稿
なしで暗唱する姿は、1年生にはまぶしく映ったと思います。声の抑揚を変えたり、
イントネーションをつけるなど、見ている先生方や保護者も感心するようなパフォー
マンスでした。
そして圧巻はやはり3年生。6人の代表が「今、伝えたいこと」をテーマにさまざま
なメッセージを英語でスピーチしてくれたのですが、全員の発音がすばらしかったで
す。英語という言語は、聴衆を前にしたパフォーマンスをする時に適した言語である
ことを再認識させられました。年々、クオリティが上がっていってると感じたのは私
だけではないと思います。
福力

寒稽古始まる

2020年01月24日

 

 

昨日より寒稽古が始まっています。しかし昨日も今日も、この時期にしてはとても
暖かい朝になっています。体育館で準備運動やランニングをしていると、すぐに汗
ばむような気温です。はやくも明日が最終日。寒稽古の名にふさわしいような、き
りりとした冷たい朝を願っています。
福力

センター試験終了

2020年01月21日

今年で最後となるセンター試験が終了しました。メディアの情報によると、不正行為
は今のところ1件のみ。毎年のことながら、55万人もの受験生が受けるテストなだけ
に驚かされます。
今年もざっと問題に目を通しましたが、よく考えられた良問ぞろいでした。今更なが
ら、なぜセンター試験をやめるのかがよく理解できません。

昨年も同じことをこのブログで書いた気がしますが、英語の第3問、第4問は、英語
の試験というよりも読解力のテストでした。平易な英文ながら、読解力がないと解け
ない問題です。そういう意味でも良問でした。今年はさらに資料を読み込んで回答し
なければならない問題もあり、来年の共通テストを先どりするような内容になってい
ました。
国語の問題では、第2問『翳』が印象に残りました。本文の内容が興味深く、最後まで
読んでしまいました。印象に残ったのは、内容もさることながら、1948年に発表された
小説が問題に使われていたからです。これまで同様、過去に出題された問題を避けるこ
とはもとよりなのですが、さまざまな予備校や問題集で出された問題も避けるようにし
て作問されている結果ではないだろうかと、出題者の苦労がしのばれました。
ともかくセンター試験が終わって、青凌生は「ほっ」としていることでしょう。なかに
はケアレスミスをしてしまって落ち込んでいる生徒もいるかもしれません。しかしこれ
から私大一般入試、2次試験と長丁場が始まります。はやく気持ちを切り替えて、次の
試験への英気を養ってください。
福力

センター試験まであと1週間

2020年01月11日

  

 

いよいよセンター試験まで、あと1週間となりました。
センター試験当日、試験会場入り口で配る応援メッセージつきのキットカットが
第1職員室に用意されています。
この応援メッセージは、教員がそれぞれの思いを自ら綴ったものです。私も、そ
の思いを書かせてもらいました。ひとつは「深呼吸!!」(試験会場で落ち着い
て平常心で受けてもらうために)、もうひとつは「大丈夫」(自信を奮い立たせ
るために)と書きました。
この小さなチョコが、会場に向かう1人1人の心を落ち着かせ、実力を発揮でき
るきっかけとなることを祈っています。
福力

Copyright © 2020 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.