ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

青雲・凌雲

記録文学①

2019年09月19日

  

 

この夏、記録文学とも呼ばれる吉村昭氏の作品を集中して読みました。
吉村昭氏を知ったのは、彼が過去に書いた『三陸海岸大津波』が、あ
の東北大震災の後、増刷され販売されているという話をラジオで聞いた
のがきっかけでした。※(NHKラジオ深夜便 2019年7月9日 再放送)
吉村氏は明治29年、昭和8年、そして昭和35年と繰り返し三陸海岸に襲っ
た大津波の記録を丹念に調べ、同じような前兆がありながら、それが見逃
され、多くの犠牲者が繰り返し出ているという事実を、この本に綴ってい
ます。
今更ながら、こんな貴重な記録が過去に出版されていながら、それを生か
すことができなかったのだと考えると、その被害が原発事故を含め、あま
りにも大きいゆえに残念でなりません。

もう一冊の本は、『関東大震災』。あらかた知っていると思っていた関東
大震災についても、読んで見ると「知らなかった」事実が多かったことに
驚かされました。例えば、地震後、最も多くの犠牲者が出た本所被服廠跡
の災害の様子を、本書は次のように描いています。

「地震発生後、附近の人々は続々と被服廠跡に避難してきた。かれらは、
家財を周囲に立てて、その中に家族がゴザなどをしいて寄り集まっていた。
地震が正午前であったので、遅い昼食をとる者もあって広大な空地に避難
できた安堵の色がかれらの表情に濃く浮かんでいた。
 そのうちに近くの町に火災が起こりはじめ黒煙もあがったが、不安を感
じる者はいなかった。避難者の数は時を追うにしたがって激増し、やがて
敷地内は人と家財で身動きできぬほどになった。
 町々が徐々に焼きはらわれて、被服廠跡にも火が迫った。そして、火の
粉が一斉に空地にふりかかりはじめると、一瞬、家財や荷物が激しく燃え
出した。たちまち空地は、大混乱におちいった。人々は、炎を避けようと
走るが、ひしめき合う人の体にぶつかり合い、倒れた者の上に多くの人が
のしかかる。炎は、地を這うように走り、人々は衣服を焼かれ倒れた。そ
の中を右に左に人々は走ったが、焼死体を踏むと体がむれているためか、
腹部が破れ内蔵がほとばしった。そのうちに、烈風が起り、それは大旋風
に化した。初めのうちは、トタンや布団が舞い上がっていたが、またたく
間に家財や人も巻き上げられはじめた。」(本文78ページ) 

自然災害の記録は、未来に備える一助として、大きな価値があると思わさ
れました。
福力

青凌祭2日目

2019年09月7日

本日は前島校舎での最後の青凌祭でした。
猛暑の中、たくさんの方にご来校いただき、ありがとうございました。
盛況の下、無事終了しました。各賞は以下の通り(敬称略)です。

立て看板部門
優秀賞  高校3年3組
     高校2年7組
     高校2年8組

最優秀賞 高校3年6組

 

舞台発表俳優部門
優秀賞  中学3年1組  矢頭 卓己(ルビッチ役)
     高校2年4組  三宅 唯道(ルパン役)
     高校2年6組  岸野 ひなみ(成瀬 順役)
特別賞  高校2年8組  加藤 智貴(バーナム役)
     高校1年7組  井上 勇輝(エルサ役)

 

舞台美術部門
優秀賞  中学3年1組 『えんとつ町のプペル』
     高校2年8組 『The Greatest Showman』

 

校内発表の部
     第1位 高校2年1組 『ミニオン大脱出』
     第2位 高校2年5組 『Haunted Mansion』
     第3位 高校2年2組 『ミリオンスプーン』

舞台発表の部
     第1位 高校2年4組 『ルパン3世~マリオネットシュモーク』
     第2位 高校1年7組 『アナと雪の女王~声なき物語~』
     第3位 高校2年8組 『The Greatest Showman』

                                 以上

青凌祭1日目

2019年09月7日

  

 

青凌祭1日目が、高槻現代劇場で幕を開けました。
毎年、お芝居のレベルが全体的に上がっている印象を受けます。毎年、すば
らしい舞台発表を見ることで、それに刺激されているからではないでしょうか。
舞台のセッティング、役者の立ち位置やセリフ回し、そして大道具小道具。
多くの観客が演劇の世界に引き込まれていました。
今年は、人と人のつながりをテーマにしたものが多く、15分の短い時間の中、
さまざまなストーリーが展開されました。
そしてダンス部、今年は照明によってできる影まで美しかった。吹奏楽部の演奏
も、夏のコンクールを思い出させるかのように、キレのあるものでした。
開場前、たくさんの保護者の方が入口から並んでいただいたと聞いております。
暑い中、大変ありがとうございました。
福力

Keep&Change~明日から青凌祭~

2019年09月5日

  

 

Keep&Changeをテーマに、明日から青凌祭が始まります。
1日目の舞台は高槻現代劇場。2倍を超える選考会を突破した中高校生の演劇
が舞台狭しと展開されます。演劇は、脚本、演技、大道具小道具が一体となった
総合芸術です。それぞれのクラスがどんなお芝居を見せてくれるのか、今からそ
の展開が楽しみです!
福力

You tube 本人デビュー

2019年08月30日

  

 

すごい時代になったものだなと改めて感心します。
本校の理科教員、居内先生がこれまでもYou tube上で物理の問題の解説を行っていた
のですが、本人は登場することなく、本人の声とノートに数式が出てくる動画でした。
それがついに、本人が登場!
本校の理科室と思われる場所で、物理の授業プリントP25例題12というピンポイントの解
説を行っていました。テクニカルには十分に可能だと頭ではわかっていても、実際に
You tube上で授業が行われているのを見ると、あらためてインターネットの無限の可能
性を感じずにはいられません。
福力

flygskam

2019年08月28日

朝夕、ようやく秋の訪れを感じることができるようになりました。今年の夏もうんざり
するほどの暑さでした。誰もが地球温暖化を実感として感じるようになってきているの
ではないでしょうか。


朝日新聞(デジタル版8月22日付)によると、スウェーデンでは「フライトは恥」を意味
するflygskam(フリュグスカム)という言葉が生まれ、使われるようになっているそうで
す。「フライトは恥」というのは、大量のエネルギー(石油やガス)を短時間で使い果た
す飛行機を安易に乗らないようにするという運動の、いわばスローガンなのです。
では飛行機の代わりに何を使うか?それが鉄道です。ヨーロッパでは、時代とともに少な
くなっていった夜行列車が復活しつつあるようです。
フランスでも、飛行機(フランス語でavion)と恥(honte)を組み合わせたaviontという
言葉が生まれ広まっているとのこと。以下、少し新聞記事から引用します。

 

パリに住むブノワ・フュエンテスさん(34)は博士課程時代の2013年にセネガルを旅行し
たのを最後に飛行機に乗るのをやめた。その年、環境問題のオンライン講座を受講したの
がきっかけだ。「長い年月をかけて蓄えられた石油やガスなどのエネルギーを短時間で使
い尽くす典型例が飛行機だ」と気づいたという。昨年のバカンスは、パリからイスタンブ
ールに自転車旅行した。遠くに住む友人の結婚式の出席を諦めたこともある。   
                             (2019.8.22 朝日新聞)

 

このヨーロッパの意識の高さには、素直に感心しました。そして某国の大統領との意識の
差に改めて愕然とさせられました。パリは、今年の夏、摂氏41度を記録したとのこと。ま
すますフリュグスカムの意識は高まりそうです。
福力

※先月、NHKのニュース(「おはよう日本」7月21日)を見ていたら、この運動を「飛び恥
運動」とアナウンスしていました。   

中学オープンスクール

2019年08月26日

     

 

昨日、中学オープンスクールを開催しました。
テニスや卓球、サイエンスなどのクラブ体験、中学生インタビューなど、短い時間の中
盛りだくさんの内容でしたが、いかがだったでしょうか。
児童たちには、アイスブレークと称した「かき氷」を楽しむ時間もあり、元気いっぱい
の様子を見せてくれました。
たくさんの保護者、児童のみなさんにご参加いただきありがとうございました。
福力

2学期始業式

2019年08月24日

今週木曜日より、2学期がスタートしました。始業式は気温の上昇を鑑み、1学期終業式
と同じく校内放送にて実施しました。遅くなりましたが、始業式での私の挨拶をアップし
ておきます。

 

みなさん、おはようございます。
 夏休みが終わり、今日から2学期が始まります。この夏休みは充実していましたか?休み
の間のクラブ活動やPlusセミナー、そして宿題と、あっという間だったという人も多いと思
います。
 先日テレビを見ていたら、「夏休みはなぜあるのか?」ということが、クイズになってい
ました。皆さん、その答え、わかりますか?
「夏休みがなぜあるのか」についての答えは諸説あるようですが、その番組での答えは、「先
生が勉強をするため」というものでした。この答え、皆さんには意外でしょうか?
 実は、この短い休みの間、2学期の授業準備はもちろんですが、多くの先生方がさまざまな
研修に参加し、まさに「勉強」していたんです。私も何冊かの本を読んだり、いくつかの外部
での研修に参加し、この夏も新しい発見や驚きを経験しました。
 そのなかで、印象に残った講演がありましたので、今日はそのお話を少ししたいと思います。

 その講演は「動物福祉」をテーマにしたものでした。教育とは一見あまり関連のないもので、
日頃の研修とはずいぶん趣が異なりました。しかしそれだけに初めて知ることもたくさんありま
した。
 講演者は、来日して約30年になるエリザベス・オリバーというイギリス人女性。アニュマル
レフュージ関西(略称ARK)という団体の代表者で、今では大阪北部、能勢に広大なシェルター
を所有し、約150匹の犬と約150匹の猫を、25名のスタッフとともに世話をしているそう
です。そう、このARKは、飼えなくなった動物たちを保護しているNPO団体なのです。能勢のシ
ェルターには、ベッキーさんはじめ、多くのタレントがテレビ番組の取材で訪れているので、皆
さんもテレビで見たことがあるかも知れません。
 私が驚いたのは、日本と彼女の母国イギリスとの、動物福祉に対する考えかたや制度の違いが
あまりにも大きいということでした。
 例えばイギリスには、日本のようなペットショップはありません。ペットを飼いたいと思う人
の60%は、保護された動物がいるARKのようなシェルターへ、また30%の人はブリーダーの
下に行くのだそうです。ブリーダーはお金儲けのためにやっている人はいないので、子犬を飼い
たい人が、子犬を手に入れるのに1年から2年待つことも珍しくはないようです。さらになんら
かの理由で、ペットを飼えなくなった人には、そういうペットを受け入れてくれる慈善団体のシ
ェルターが数多く存在しています。また動物虐待を禁止するものから、畜産動物の輸送に関する
ものまで、およそ90もの動物福祉に関する法律があるようです。
 これに対して日本では、ブリーダーが大量にペットを繁殖して、大型ショッピングモールで販
売する一方、万一ペットを飼えなくなった場合、文字通りペットを捨てるか、保健所にもってい
って殺処分してもらうしか選択肢がありません。その結果、日本では、毎日500匹以上の犬や
猫がガスによって殺処分されているのが現状のようです。ちなみに日本での動物福祉に関する法
律は1973年に制定された法律ただ1つだそうです。

 飼い主の高齢化や死去、入院、転職に伴う転居など、家族環境が大きく変化することと、ペッ
トが飼えなく理由は関連していて、それは日本でもイギリスでも同じです。まれなことですが、
東北大震災や阪神淡路大震災のような大規模な災害によって、多くのペットが一度にその飼い主
を失うこともあります。ARKでは、1995年の阪神淡路大震災では、約600匹、2011年
の東北大震災では、約200匹の動物を保護したそうです。飼い主を突然失い廃墟のような街を
さまよっていた犬や猫にとって、ARKのスタッフによってさしのべられた手は、神さまの救いの
ように見えたことと思います。
 
 私がこの講演を聞いて一番疑問に思ったのは、すべての生き物の価値は同じという思想をもつ
仏教が広く信仰されている日本の方が、イギリスよりも動物に対する愛情は、現実には薄いのは
何故なのかということでした。
 講演終了後、少しお話をする機会があったのですが、オリバーさんは6歳の時に母親に頼んで
小さいロバを飼うようになった時以来、ほとんどの自分のお小遣いは、そのロバの餌代となり、
また外から家に帰ってきたときは、自分の食事の前に、ロバの食事を用意するということを厳し
くしつけられ、守ってきたそうです。


 英語のことわざに、Charity begins at home.というものがあります。日本語に訳すと、チャリティ
(博愛)は家庭で始まる。となるでしょうか。チャリティは、何も外で行うものだけではない、
むしろ身近な目の前の人や動物に対して行うことが、その第一歩なのだというような意味だと思い
ます。オリバーさんがARKを日本で設立し、多くの動物を救うようになったきっかけも、まずは自
分の家から始まったのだなと気づかされました。

 皆さんは、この夏、どんな気づきや発見がありましたか?
 今日から2学期が始まります。まず来月初めに青凌祭があります。皆さんが、積極的にいろいろな
役割にチャレンジし、「ひとつ上の自分」を実感できることを願っています。
 それでは、これで2学期始業式にあたっての私の話を終わります。ありがとうございました。

青凌トライアル1

2019年08月4日

 

 

 

 

 

 

 

本日、青凌トライアル(午前の部・午後の部)を開催いたしました。
猛暑の中、午前午後ともにたくさんの保護者、生徒の皆さんにご参加いただきました。
誠にありがとうございました。
受験校選択にあたってのヒントは見つけられたでしょうか。
短い時間ではありましたが、本校の魅力が少しでも伝わっていましたら幸いです。
まだまだ暑さが続きます。身体に気をつけてこの夏を乗り越えてください。
特に、長期休みの時に苦手教科に取り組むことが合格への近道です!
福力

1学期終業式

2019年08月4日

先月末、1学期終業式を放送にて行いました。少し遅くなりましたが、終業式にて
放送した話をアップしておきます。

 みなさん、こんにちは。
 明日から8月。8月になると、毎年、日本では先の戦争、太平洋戦争にまつわるドラマやドキュメント、あるいは映画が上映されます。それは74年前の8月に、太平洋戦争が終結したこと、そしてまた忘れてはならないいくつかの事が、この8月にあったからです。今日はその戦争にまつわる意外な話を2つしたいと思います。

 8月に起こったいくつかの事。皆さんは、知識としてどれだけその日にちを覚えているでしょうか。重要な日にちを3つ言います。6日、9日、そして15日。さて何があった日かわかりますか?

 そうですね。6日は広島に、9日は長崎にアメリカ軍によって原爆が投下された日です。9日未明にはソ連が日本に対して参戦もしています。そして15日、これは日本が無条件降伏を受け入れた日、つまり終戦記念日です。
 1945年、5月に入って第2次世界大戦で日本の同盟国だったドイツ、イタリアはすでに降伏し、約3カ月、日本はいわば世界中を敵に回して、勝つ見込みの全くない戦争を継続していました。あくまでも降伏することを拒む日本に、2つの原子爆弾が投下され、ソ連が参戦し、その約1週間後に戦争は終結したのです。
 それでは意外な事の1つ目です。今、8月15日を終戦の日としてお話しました。しかし正式に戦争が終わったのはこの15日ではありません。ではいつ、正式に戦争は終わったのでしょうか。皆さんはその日がいつか、知っていますか?
 戦争の終結は、降伏文書への調印をもって完結します。その調印は8月15日ではなく、9月2日でした。それゆえ、その間約2週間、まだ戦争はいくつかの地域で続いていたのです。それがどこだったのかは、また自分で調べてみてください。
 9月2日、東京湾にアメリカ海軍の戦艦、ミズーリが停泊し、その艦上でアメリカ、イギリス、フランスをはじめとする9カ国に対して、降伏文書への調印が行われました。
この戦艦ミズーリは全長が270メートル、全幅が最大33メートルという巨大な戦艦です。ちょっと想像してみてください。東京湾に巨大な戦艦が停泊し、その艦上で日本の代表が、降伏文書に調印させられるところを。平和な今からは想像のつかない光景ですね。ちなみにこの戦艦ミズーリは、今、戦艦としての役目を終え、ハワイのパールハーバーに保存されています。その甲板上には、1945年9月2日、東京湾に停泊するこの艦上で日本が降伏文書に調印し、第2次世界大戦が終わったと刻まれたレリーフがはめ込まれています。意外なことの一つ目、戦争が終わったのは8月15日ではなかった、でした。

 さて先の戦争では、多くの人が命を落としました。日本に限ってその戦没者の数を見ると、軍人が約230万人、民間人が約80万人、合わせて約310万人もの人が命を失っています。激戦と言われた日露戦争の戦死者が9万人だったことと比べても、いかに大規模な戦争だったかということがわかります。
 意外なことの二つ目。この230万人にも及ぶ軍人の戦死者のうち、少なく見積もっても40%にも及ぶ人が、戦闘行為ではない原因で命を失ったということです。ではその原因は何だったのでしょうか。

 実は戦死者の40%にも及ぶ兵士が、戦闘ではなく、「餓死」もしくは栄養失調にともなう「病死」によって命を失っているのです。戦争終結1年前の1944年以降に限ってみると、その割合は70%を超えています。このような大量の「餓死」者を出したのは、日本が制空権および制海権を失った結果、各地で日本軍の補給路が完全に寸断され、前線の兵士が深刻な食料不足に陥ったことが原因です。

 戦争をテーマにした映画などでは、しばしば戦闘行為が中心に描かれ、私たちは激しい戦闘によって多くの軍人が命を失ったという印象を抱きがちです。 それももちろん事実なのですが、少なくとも約半数近くの軍人が、餓死もしくは栄養失調による衰弱や病気への感染で、命を失っていることも、もうひとつの事実なのです。その様子は、前線の兵士が、銃を持ち上げることさえも困難なほど衰弱しているという報告書が残されているほどです。私自身ももちろん戦争を経験していないのですが、さまざまな書物を読むと、戦争というものは、私たちの想像を超えるほど悲惨なものだというのが現実だと知らされます。

 また今年も8月15日がめぐってきます。毎年、15日には正午のサイレンを機に、甲子園球場をはじめ日本の各地で黙祷が行われます。その時にでも、今日のこの話を思い出してください。そして平和な世の中が続くよう考え、願ってほしいと思います。
 それでは、これで1学期終業式にあたっての私の話を終わります。ありがとうございました。

Copyright © 2019 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.