ページの先頭

大阪青凌中学校・大阪青凌高校

青雲・凌雲

最近驚いた事

2020年06月2日

6月になりました。学校では分散登校が引き続き実施されています。また、Web面談も
始まりました。学校を見回っていると、誰もいない教室で、担任の先生が画面上の生徒
に向かって話しかける姿があちこちで見られました。また動画授業を撮影している先生
の姿も散見されました。

 

さて、今日は最近驚いた事を書きます。個人的な話で恐縮なのですが、私はAmazonの
定期購入でトマトジュースを配達してもらっています。カゴメとAmazonが共同開発し
たもので、店頭では買えないので送ってもらっているのです。
先日、メールボックスに「ご注文の商品の配達が完了しました」とあったので、受け取っ
た記憶がなく「あれ、いつ届いたのかな」と疑問に思った時です。メールには写真が添付
されていたのですが、どこかの玄関にトマトジュースの小箱が置いてある風景。どこかで
見たことのある風景だなと思った次の瞬間、「これ自分の家の玄関だ」と気づきました。
まさか、配達の方が玄関まで来て置いていったの?と思い、玄関に行って見ると、まさに
写真の通りに小箱が置かれていました。
これって「コロナウィルス感染対策?」「もし盗られていたら、誰の責任?」「配達の方
が自分で撮影?」といろんな疑問が次々に浮かびました。最近はよくあることなのでしょ
うか? 中身のトマトジュースはいつもと同じ美味しさでしたが。
福力

『勿忘草の咲く町で~安曇野診療記~』

2020年05月30日

[夏川 草介]の勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~【電子特典付き】 (角川書店単行本) 

 

新型コロナウィルス感染症が世界中に広がる中、医療現場の最前線で文字通り命がけで
仕事に従事しておられる医療関係者を、エッセンシャルワーカーあるいはキーワーカー
と呼ぶことが世界的に広がっています。従来から、人の生き死にに関わる大事な仕事で
あることは皆、認識していたと思うのですが、今回の事態は、あらためてこの仕事の本
質的な意味を浮き彫りにしているのだと思います。
上記の本、『勿忘草の咲く町で』は、今回のウィルス感染症とは直接関係ないのですが、
日本の地方を舞台にして、今の医療現場で仕事をする医療関係者がいかに過酷な状況にお
かれているかを私たちに教えてくれます。と言っても堅いばかりの内容ではなく、看護師
と新米医師のロマンスをからめて、静かな感動を呼ぶ小説になっています。
 

明後日はもう6月。学校の休校期間はかつてないほど長くなっています。学校再開がよう
やく見通せるようになってきましたが、医療関係者の働きにあらためて感謝しつつ、私たち
は感染への警戒を怠ることのないようにしたいと思います。
福力

分散登校始まる

2020年05月15日

 

本日より分散登校が始まりました。
今日は高校3年生の各クラスが時間差で登校し、15人ほどずつに分かれて教室に。
ほとんどの生徒が新校舎に入るのは初めてでした。先生も生徒も久しぶりの再会。
今日は定期考査の返却や連絡などで、1時間はあっという間に終わったようです。
下校する生徒に声をかけてみると、「短すぎます」との声が笑顔で返ってきました。
確かにそうですよね。次回はもう少し学校で過ごす時間がとれればなぁと思います。
福力

明日から

2020年05月14日

在校生の皆さんは、3月2日から学校への登校ができなくなって、瞬く間に2カ月
が過ぎ去りました。
そしてようやく、明日、久しぶりに高校3年生から分散登校が始まります。
新校舎に初めて足を踏み入れるということで、本当はいろんな場所を見てみたいと
思います。しかし、明日は連絡事項等で時間はめいっぱい。今回は、そこは少し我
慢をしてもらうことになると思います。
学年の先生方も、明日は皆さんの顔を久しぶりに見られるということで、とても楽
しみにしています。元気な姿を見せてください!
福力

入学式式辞

2020年04月8日

昨日行われました入学式の式辞をあげさせていただきます。

 

式辞

 寒暖を繰り返しながら、今年も春が巡ってきました。街のあちこちで、今、桜の花が
満開の時を迎えようとしています。
 ただ今、本校への入学を許可された新入生の皆さん、入学おめでとうございます。教
職員一同、大いに皆さんを歓迎いたします。

 今年は新型コロナウィルス感染の拡大により、異例の形体での入学式となりました。
 まだ収束の目途が立たない中ではありますが、こんな時こそデマに惑わされず、正確
な情報をもとに「正しくおそれる」ことが大事です。「正しくおそれる」というのは、
感染を甘く見ない、かといって怖がりすぎもしないということです。ただ、これは「言
うは易く行うは難し」です。不安があれば、この後配布されるiPadを使ったシステムで、
ぜひ先生に相談するようにしてください。

 

 さて、今年は新校舎1年目。実は先生にとっても在校生にとっても、新しい環境での
学校生活という意味では、皆さんと同じです。これから一緒に、地域から愛され親しま
れる学校をつくっていきましょう。皆さんは中学校が36期生、高等学校は38期生に
なります。これからの学校の歴史は皆さんによってつくられると言っても過言ではあり
ません。まずはその自覚をもって行動するようにしてください。

 

 入学式にあたり、本校の校訓「自主自律」を紹介しておきたいと思います。校訓「自
主自律」の意味は、自分のことを自分の力でコントロールできる人になろう、というこ
とを意味しています。さらにその先に自分が身につけた力を、人や社会のために活かそ
うという願いも含まれています。
 もちろん、自分の力で自分をコントロールするのは、先ほどの「正しく恐れる」と同
様に、「言うは易く行うは難し」です。先生方からいろいろなアドバイスをもらいなが
ら、一歩ずつその目標に近づいていってください。そして学校生活では、積極的に自分
のやりたいことを自分から求めてください、探してください。その結果、3年後あるい
は6年後に、夢や目標、そしてできれば志をもった人になってほしいと期待しています。

 

 次に大阪青凌の良き校風を紹介します。それは「挨拶」です。皆さんのなかにも、入
試説明会等で本校を訪れた際に、在校生から「こんにちは」と明るい声で挨拶をされた
人が、たくさんいるのではないでしょうか。生徒たちがよく挨拶をすることは、本校の
良き校風の1つです。最初は恥ずかしい思いがあるかも知れませんが、先生や来校者に
対して、自分からすすんで挨拶をするようにしてください。挨拶をされていやな思いを
する人はいません。そして心がけひとつで、誰にでもできることです。この挨拶をする
習慣が身につけば、学ぶことによって得る教養と同等に、皆さんの将来にとってすばら
しい財産となります。ぜひこの校風を受け継いでいってください。

 

 さて来年、本校の経営母体である浪商学園は、創立百周年を迎えます。本校の校地移
転は、その記念事業の1つです。真新しい校舎の主役はもちろん君たちです。先ほども
言いましたが、百周年を迎える来年、自分の夢や目標を明確に持ち、それらを実現する
べく努力している君たちであってください。大いに期待しています。以上、入学にあた
っての私の式辞といたします。

 

                              令和2年4月7日
                          大阪青凌中学校・高等学校
                               校長 福力 稔

令和2年度中学校・高等学校入学式

2020年04月7日

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、中学校・高等学校入学式を行いました。
新型コロナウィルス感染が広まる中、午前午後に分散して、教職員と入学生だけ
の入学式となりました。約400名の参列者の多くがマスクをつけて式に臨んだ異
例の入学式でしたが、無事に終えることができ、ほっとしています。
今日明日にも、大阪府に緊急事態宣言が出されるとの報道もあり、まだ収束の目
処が立たない中ではありますが、生徒たちにアプリをインストールしたiPadを無
事渡すこともできましたので、今週からClassiを使った連絡や宿題の配布、提出等
も可能になると思います。
福力

新型コロナウィルス③

2020年04月6日

今回の新型コロナウィルスによって引き起こされる症状(鼻水、咳など)の中で、鼻水
に含まれるウィルスの量が顕著に多いということが医学系ジャーナルに発表されている
そうです。
つまり感染した人がくしゃみをしたり、おしゃべりすることで唾液を含んだ飛沫が空気
中に出て、感染につながります。またこれはよく言われることですが、ウィルスがつい
た手でドアノブや電車内のつり革、サラダやパンをはさむトング、スポーツジムではウィ
ンドミルの取っ手やバーベルをさわることでウィルスが付着し、その手で口や目をさわる
ことで感染してしまいます。感染のキーワードは「飛沫感染」と「接触感染」です。そし
てウィルス量が多いので、普通の風邪よりも感染しやすいということのようです。やはり
手洗いは大事ですね。

さて今回のウィルス感染、この先はどうなるのでしょうか。そこについて前出の峰研究員
は、「収束を定義するのはむずかしくなるだろう」と予想しています。
今、各国政府が行っている行動制限は、流行のピークを下げ、流行の波の高さ(ピーク)を
なるべく低くするということが目的です。ただそうなると、頭の中でゆるやかに曲線が上が
っていってゆるやかに下がっていくグラフ(なだらかで長い曲線)を想像するとわかるよう
に、収束するまでに相当の時間がかかるということなのです。
イメージでいうと、2009年に発生した新型インフルエンザの収束に近いようです。つまりあ
る程度感染が広まり、それに対するワクチンができるまでに社会が受容する環境がととのっ
てくる、というプロセスです。短期間での収束はどうも難しいようです。

加えて2009年との大きな違いは、最初に挙げた中国の国力伸長以外に、SNSが広く世の中で
使われるようになったことが挙げられます。WHOはパンデミックという言葉とともに、イン
フォデミックという言葉を使っているようです。情報が感染するように広がっていって、その
中には流言やデマも発生するとの危惧があるようです。
「正しくおそれる」ということは、「言うは易く行うは難し」ですが、私たちはできるだけ
正確なデータに基づいた科学的な知見を選り分けて、このウィルスとの長期戦に臨む必要が
あるということでしょう。
福力

新型コロナウィルス②

2020年04月6日

前回、SARSが中国国内で封じ込めることに成功したと書きましたが、これは文字通り
で、症例が0になったということだそうです。しかしMERSは、今だに症例がぽつぽつ
あり、これに対する治療薬の治験も継続されていたようです。
つまり今回の新型コロナウィルスに対する治療薬の開発は0からではなく、これまでに
試みられてきたSARSやMERSに対する薬を、用途を変えて使用するということのようで
す。
2002年に比べて現在は遺伝子情報を読む能力が、1000倍以上にもなっていて、コンピ
ュータの処理能力の向上と相まって、今回のウィルスのたんぱく質の3次元構造解析は
すぐにできたそうです。そこで現在は、どの薬をどう改良したらこのウィルスを抑え込
めるのかという治験が、世界各国で始まっています。

インフルエンザやコロナウィルスの遺伝子情報は、DNAではなくRNAにかかれているよ
うで、それゆえに変異が起きやすい。私たちがインフルエンザの予防接種を受けても、
たびたびインフルエンザに罹患する理由も、そこにあります。
今回の新型コロナウィルスも何らかの理由でコロナウィルスが変異した結果、発生した
のですが、幸いなことに、このウィルスはインフルエンザよりも変異しにくく、いった
んワクチンが開発されれば、かなり有効な予防手段になることが期待されています。
(次回に続きます)

新型コロナウィルス①

2020年04月6日

「沈黙の春」、かつてレーチェル・カーソンが違う意味で使った言葉ですが、今年の
春は、まさに沈黙の春になってしまいました。学校は昨日、分散で新入生の用品渡し
を実施しました。また本日は、当初の予定では在校生登校日(クラス発表)となるは
ずだったのですが、感染者急増のため中止となりました。移転を順調に終えていただ
けに本当に残念です。生徒の皆さんも早く学校に行きたい思いが募っていることと思
います。もうしばらく我慢してください。

 

さて、世界的なパンデミックを引き起こした新型コロナウィルスですが、新聞や雑誌
あるいは他のメディアからの情報に日々接し、ようやくその正体が見えてきた気がし
ています。さまざまな玉石混合の情報の中で、私が個人的に一番勉強になったと思った
のが、堀江貴文氏のホリエモンチャンネルでの、峰宗太郎氏(米国国立衛生研究所研究員)
のインタビューでした。(※https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk)
今回はそこで語られたこのウィルスの特徴をまとめてみました。

まずこの「コロナウィルス」という名称ですが、一般的な風邪を引き起こすウィルスの
ことで、これまで全部で6種類が確認されていたそうです。そのうち4種類は、特に重篤な
疾患を引き起こすことはないそうですが、あとの2種類、重症急性呼吸器症候群(SARS)
と中東呼吸器症候群(MERS)は、今回のウィルスのように急性の呼吸器疾患を引き起こす
ウィルスとして知られています。
今回のウィルス(つまり7番目のコロナウィルス)は、正式に「サーズコロナウィルス2」
となったようで、この名称からわかるように、ウィルス表面のたんぱく質の種類がSARSに
とても似ていて、全体の遺伝子情報もSARSにとても近いということのようです。
そしてウィルスの毒性もSARSと似ており、のどや肺における親和性が高いのが特徴とのこ
と。さらに重要なのは、SARSよりも感染しやすいことです。SARSが発生確認されたのは、
2002年のことですが、翌年までに収束し、今回のように世界にパンデミックを引き起こす
ことはありませんでした。つまり、中国国内で封じ込めることに成功したのです。しかし、
今回のウィルスは、感染性が強いこと、そしてこれは推測ですが、2002年に比べて中国の
経済力がとても高くなったゆえに、中国からビジネスや観光で世界中に出国する人が多く
あっという間に現在のような状態を引き起こしたと考えられます。(次回に続きます)

引っ越し完了

2020年03月21日

  

 

今週の月曜日から、おおよそ3日間をかけて学校の引っ越しが行われました。
教職員としても初めての経験。しかし事前の準備や段取りをかなり綿密に行ったこともあ
って、ほぼ無事に完了しました。
本日は快晴。真新しい校舎が目に眩しいくらいです。生徒の皆さんは新型コロナウィルス
感染症予防のために登校できない日々が続いて、早く学校に行きたいという気持ちがある
かと思いますが、新年度のスタートまであと少しです。体調を整え、新年度の準備をして
おいてください。
福力     

Copyright © 2020 OSAKA SEIRYO. All Rights Reserved.